週末は古墳巡り

古墳とは、およそ3世紀から7世紀に築かれた墳丘状の墓のこと。その数、およそ20万基。

湮滅

観音松古墳 横浜市港北区日吉

多摩川右岸の鶴見川下流域では鶴見川の支流の矢上川を挟んで対峙する白山古墳と観音松古墳が最初に出現した。その距離500m。どちらも前方後円墳。白山古墳は全長87m。観音松古墳は発掘調査の記録が公表されていないので詳細がわからない。どちらも出現期の前…

高稲荷古墳 川口市東本郷

高稲荷(こういなり)古墳は毛長川左岸の大宮台地南端にかつてあった前方後円墳。土取りのため隠滅。全長75m、後円部径50m、後円部高さ9.5m、前方部幅27m、前方部高さ6.5m。4世紀後半から5世紀前半の築造。北足立、北埼玉、南埼玉、北葛飾郡における最初の前方…

一夜塚古墳 朝霞市岡

朝霞市立朝霞第二小学校の建設のために削平された古墳。円墳。径50m。6世紀前半の築造と考えられる。 石碑が立つ。 (正面) 一夜塚古墳趾 埼玉縣史編纂嘱託 稲村坦元書 (裏面) 北足立郡朝霞町岡に一夜塚といへる一大圓墳あり高さ七米直徑五十米昭和十八年四月…

白山古墳と第六天古墳 川崎市幸区北加瀬

白山(はくさん)古墳は4世紀後半頃に築かれた武蔵国でも最も古い大形の前方後円墳。全長87m。1937年に発掘調査され、遺体を安置した主体部からは鏡類・玉類・鉄器類など多量の副葬品が発見された。多摩川流域では唯一の「初期」の三角縁神獣鏡が出土している…

扇塚古墳跡 大田区田園調布

田園調布1丁目の富士見坂のマンション建設で1996年に失われた古墳。2001年に「扇塚古墳発掘調査報告書」が発行された。4世紀初期の都内最古の古墳とも言われている。 富士見坂の上からは多摩川浅間神社が見える。