週末は古墳巡り

古墳とは、およそ3世紀から7世紀に築かれた墳丘状の墓のこと。その数、およそ20万基。

夜桜見物と摺鉢山古墳 台東区上野公園

気象庁が3月21日に東京都心で桜が開花したと発表したので、上野公園の夜桜を見物。摺鉢山古墳にも立ち寄った。

f:id:kofunmeguri:20190322184006j:image
f:id:kofunmeguri:20190322184014j:image
f:id:kofunmeguri:20190322184010j:image

どこかのTVクルーが中継の準備中。

f:id:kofunmeguri:20190322184037j:image

摺鉢山古墳。前方部から。

f:id:kofunmeguri:20190322184131j:image

後円部から。
f:id:kofunmeguri:20190322184127j:image

過去のブログを貼っておく。

上野公園の国立科学博物館では、24日まで、企画展「砂丘に眠る弥生人」を開催中。土井ヶ浜遺跡・人類学ミュージアム九州大学総合研究博物が協力。本郷弥生町出土の弥生土器(レプリカ)、赤羽台横穴墓群6号墓出土の古墳時代人の頭蓋骨が参考展示されていた。

f:id:kofunmeguri:20190322202937j:image

土井ヶ浜遺跡・人類学ミュージアム

人骨標本コレクション >> 標本・資料データベース :: 国立科学博物館 National Museum of Nature and Science

本郷弥生町出土壺形土器 文化遺産オンライン

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

東京砲兵工廠銃砲製作所 北区十条台

古墳めぐりの際に気になった近代化遺跡を紹介する。北区中央公園の文化センターの東側に移築された赤羽台3号墳の石室の隣にある東京砲兵工廠銃砲製作所のボイラー(部品)と鋼製耐震煙突銘板。東京砲兵工廠銃砲製作所は1905年(明治38年)に日露戦争で弾薬の増産が必要になり、小石川から移転してきた。文化センターは1930年(昭和5年)竣工の東京砲兵工廠の本部建物。

f:id:kofunmeguri:20190321093316j:image
f:id:kofunmeguri:20190321093322j:image

東京砲兵工廠銃砲製作所については以前、以下のブログで取り上げた。

鋼製耐震煙突は芝浦製作所製で、煉瓦造の煙突の周りに鉄板を巻き、耐震性を高めたもの。銘板には「明治三十八年九月竣工」とある。芝浦製作所は、1875年(明治8年)に田中久重が東京・銀座に電信機工場を創設、1882年に東京・芝浦に田中製作所を設立、1893年芝浦製作所、1904年に株式会社芝浦製作所、1939年(昭和14年)に東京電気株式会社と合併して東京芝浦電気株式会社(現在の株式会社東芝)となる。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

川崎市の古墳

川崎市は神奈川県の北東部、県の最東端に位置し、東京都と横浜市にはさまれた細長い市域を持つ。市の北端は多摩川が流れ、東京都との境となっている。川崎市内の古墳は、文献[1]によると「現在確認されている数は、消失したものを含め高塚古墳70基・横穴墓65群」とされる。この高塚古墳の数には中世や近世の経塚や供養塚などの可能性のあるものを含んでいる。

麻生区の古墳

多摩区の古墳

■宮前区の古墳

長尾古墳 

高津区の古墳

千年伊勢原山1号墳

中原区の古墳

宮内遺跡

幸区の古墳

川崎市の現地説明会

川崎市市民ミュージアム

f:id:kofunmeguri:20190317212241j:image

文献

[1] 浜田伸介 1992 「川崎の埴輪」『川崎市市民ミュージアム紀要』第4集、川崎市市民ミュージアム

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村