週末は古墳巡り

日本の古墳と煉瓦の共通点(なぜ、古墳めぐりのブログで煉瓦を取り上げるのかの言い訳) 古墳(特に前方後円墳)は3世紀半ばに誕生すると全国に広まるが、6世紀の仏教伝来で終わる。煉瓦は明治維新で始まり、関東大震災で終わる。終わりの美学。終わったのにまだ残っている。誰かが守らなければなくなる。

煉瓦のまとめ(年代順)

煉瓦造の建物、遺構を古い順に紹介。

 

1869年(明治2年) 田中煉瓦創業

1873年(明治6年) 銀座煉瓦街の第一次工事完成

f:id:kofunmeguri:20190814222721j:image

1875年(明治8年) 下川煉瓦創業

1879年(明治12年) 千住製絨所が南千住で操業開始

1880年(明治13年) 教育博物館 書庫

1886年(明治19) 日本赤十字社病院 煉瓦塀

1894年(明治27年) 旧御所トンネル

1896年(明治29年) 三の輪ガード

1904年(明治37年) 醸造試験場第一工場

1907年(明治40年) 懐徳館 西洋館

1908年(明治41年) 学習院大学 正門

1909年(明治42年) 日本ペイント ワニス工場

1910年(明治43年) 根津の石蔵

1910年(明治43年) 新永間市街線高架橋

1911年(明治44年)  横浜赤レンガ倉庫2号館

1912年(明治45年) 東京大学の煉瓦塀など 

1912年(明治45年) 万世橋駅

1915年(大正4年) 二代目横浜駅

1918年(大正7年) 立教大学

1919年(大正8年) 根津教会 礼拝堂

1922年(大正11年) 荒川遊園の開業

1928年(昭和3年) 川崎河港水門