週末は古墳巡り

古墳とは、およそ3世紀から7世紀に築かれた墳丘状の墓のこと。その数、およそ20万基。

埼玉県選定重要遺跡

稲荷塚古墳 川島町下小見野

市野川の自然堤防上に築造された稲荷塚古墳群は、かつて十数基の古墳があったとされるが、現存するのは稲荷塚古墳のみ。1951年に周溝部と想定される地点から馬形埴輪(頭・脚部)が出土。文献[1][3]では、全長50mの前方後円墳。 稲荷塚古墳群(いなりづかこふ…

野原古墳群 熊谷市野原

「踊る埴輪」の出土地として有名な野原古墳群。「踊る埴輪」は1930年に畑を耕している時に偶然発見され、後藤守一さんが「踊る男女」と名付けた。東京国立博物館では「踊る人々」としている。また、馬を引き連れている姿との説もある。 八幡神社 早くも怪し…

神川町No.78古墳 神川町植竹

青柳古墳群の植竹支群の神川町No.78古墳。文献[1]では、径約15m、横穴式石室とされる。 中央の左にNo.78古墳、右に赤城山の眺め 葺石? 南に開口する横穴式石室? 文献 [1] 埼玉県教育委員会 1994「埼玉県古墳詳細分布調査報告書」 にほんブログ村

南塚原52号墳 (再訪) 神川町二ノ宮

2020年9月に訪れたときは、木立と雑草で墳形がわからなかった南塚原52号墳。昨年12月に再訪したら、すっきりお手入れされていた。 南塚原52号墳(No.136)は規模不明の円墳。 にほんブログ村

二ノ宮27号墳 (再訪) 神川町二ノ宮

二ノ宮27号墳を再訪したら、盗掘坑のような穴があり、確認したら前回訪問時の写真にも穴らしき影が、その時よりも大きくなっている。 二ノ宮27号墳(No.153)、径16mの円墳。 にほんブログ村

二ノ宮12, 13, 15, 16号墳 (再訪) 神川町二ノ宮

二ノ宮9号墳から振り返った先の二ノ宮12, 13, 15, 16号墳を再訪した。4基とも規模不明の円墳。 二ノ宮12号墳(No.163) 二ノ宮13号墳(No.164) 二ノ宮15号墳(No.166) 二ノ宮16号墳(No.167) 文献 [1] 埼玉県教育委員会 1994「埼玉県古墳詳細分布調査報告書」 に…

二ノ宮9号墳 神川町二ノ宮

企画展「かみかわの古墳を知ろう(5) ニノ宮・十二ヶ谷戸」の資料を見たら、二ノ宮9号墳が墳丘遺存古墳としてマークされていたので、現地を訪れた。写真だと藪だらけでよくわからないが、肉眼では墳丘が確認できた。 二ノ宮9号墳(No.179)、規模不明の円墳 振…

二ノ宮2, 4, 5, 6, 7号墳 (再訪) 神川町二ノ宮

この後、青柳古墳群二ノ宮支群のいくつかの古墳を再訪した。 二ノ宮7号墳(No.161)、規模不明の円墳 二ノ宮5号墳(No.159)、径5mの円墳 二ノ宮4号墳(No.169)、径約10mの円墳 二ノ宮2号墳(No.156)、径約10mの円墳 二ノ宮6号墳(No.157)、径約9mの円墳 文献 [1] …

二ノ宮11号墳 神川町二ノ宮

企画展「かみかわの古墳を知ろう(5) ニノ宮・十二ヶ谷戸」の資料で、墳丘遺存古墳としてマークされていた二ノ宮11号墳を探索した。 まずは二ノ宮20号墳(No.178)を再訪。規模不明の円墳。(株)コスモフーズ神川工場の敷地に保存されている。1991年の工場建設の…

火の見塚古墳 深谷市原郷

火の見塚古墳は、径20mの昭和25年に家屋新築により半壊され、石槨が発見されるとともにほぼ完全な形態の頭骨が出土した。頭骨は東京大学に保管されている。 深谷市遺跡地図に未登録の古墳? 深谷市遺跡地図に未登録の古墳? 稲荷町北古墳(深谷市遺跡地図のNo…

木の本12号墳 深谷市原郷

木の本古墳群の12号墳。文献[1]では径13mの円墳。「天神塚」あるいは「天神山」とよばれる。墳頂に社が鎮座している。墳丘の周囲に横穴式石室の存在を石材がある。 深谷市遺跡地図に未登録の古墳? リンク 史跡/深谷市ホームページ 文献 [1] 埼玉県教育委員…

木の本10, 11号墳 深谷市原郷

木の本10号墳は、1993年に埼玉県内所在古墳詳細分布調査に伴い発掘調査が行われ、墳丘相似形に周堀が巡る帆立貝形古墳または造出し付き円墳で、全長約41m、後円部径約34m、前方部幅約10〜12m、前方部長約7m。多量の円筒埴輪片、女子人物埴輪頭部・馬形埴輪片…

木の本8号墳 深谷市東方

木の本古墳群の8号墳。文献[1]では径10mの円墳。 深谷市遺跡地図のNo.116無名墳 リンク 史跡/深谷市ホームページ 文献 [1] 埼玉県教育委員会 1994「埼玉県古墳詳細分布調査報告書」 [2] 塩野博 2004「埼玉の古墳 大里」さきたま出版会 にほんブログ村

木の本7号墳 深谷市原郷

木の本古墳群の7号墳。1998年(平成10年)に都市計画道路北通り線の工事に伴う確認調査で、道路予定地に含まれる周溝の約1/3を調査したが後世の撹乱で依存状態は良好とは言えず、また、所有者のご協力でマウント部分の測量を実施、高さ約1.6m、径約12m、周溝か…

木の本5号墳 深谷市東方

木の本古墳群の5号墳。文献[1]では径15mの円墳、横穴式石室か、石材ありとされる。文献[2]によると明治時代初期に大刀、刀子および耳環が出土しているという。深谷市のサイトでは「明治時代初頭に太刀・刀子等出土、頂部に祠、石碑の原材は石室の蓋と伝わる…

木の本4号墳(おとか塚) 深谷市原郷

木の本4号墳は、平成2年に個人住宅建設工事に伴い、墳丘北脇部の調査が実施されたが、周溝、埴輪、版築等の古墳に関する遺構、遺物は検出されなかった。墳丘上に稲荷神社を祀る。文献[2]では径5mの円墳。 リンク 史跡/深谷市ホームページ 文献 [1] 深谷市教…

木の本3号墳と煉瓦塀と土塁 深谷市原郷

木の本3号墳は、平成16年(2004年)12月に所有者から深谷市に寄付され、平成17年度の確認調査で、木の本古墳群で初めて石室が調査された。文献[1]では、径25mの円墳。 土塁(市指定史跡 木の本塁跡) 古墳(右)と土塁(左) リンク 史跡/深谷市ホームページ 文献 […

木の本2号墳(地蔵山) 深谷市原郷

木の本古墳群の2号墳。文献[1]では径20mの円墳。横穴式石室と埴輪を検出。 リンク 史跡/深谷市ホームページ 文献 [1] 埼玉県教育委員会 1994「埼玉県古墳詳細分布調査報告書」 [2] 塩野博 2004「埼玉の古墳 大里」さきたま出版会 にほんブログ村

木の本1号墳(妙見山) 深谷市原郷

昨年11月に開催された木の本9号墳の発掘調査の現地説明会のときに木の本古墳群を探索した。 木の本古墳群の1号墳。文献[1]では径35mの円墳。横穴式石室と埴輪を検出。 リンク 史跡/深谷市ホームページ 文献 [1] 埼玉県教育委員会 1994「埼玉県古墳詳細分布…

「かみかわの古墳を知ろう(5) ニノ宮・十二ヶ谷戸」 神川町多目的交流施設

神川町多目的交流施設で開催中の企画展「かみかわの古墳を知ろう(5) ニノ宮・十二ヶ谷戸」を鑑賞した。会期は本日(12月19日)まで。昨年10月に「かみかわの古墳を知ろう(2)城戸野」を見学したが、その後に開催された「かみかわの古墳を知ろう(3)南塚原」と「…

勝呂廃寺 坂戸市石井

武蔵国最大の勝呂廃寺は、入間郡の北端に位置し、すぐ東には東山道が北上し、北には比企郡との郡境がある。文献[1]では「群馬県山王廃寺、千葉県龍角寺のように、大型古墳に後続するように造営された地域と異なり、小古墳群しかない地域に東日本最古の寺院が…

牛塚古墳 川越市的場

牛塚古墳は、入間川流域最大の前方後円墳。全長42m、高さ3.75m。銀装刀子、刀子、刀装具、馬具、鉄鏃、耳環、金銅製指輪、ガラス玉、管玉、切子玉などの出土品は川越市立博物館に展示されている。牛塚古墳を中心に円墳30基以上で的場古墳群を構成する。 文献…

木の本9号墳 現地説明会(11/3) 深谷市東方

11月3日に深谷市教育委員会が開催した木の本古墳群9号墳の範囲確認調査の現地説明会に参加した。木の本古墳群はJR深谷駅の東北方向、櫛引台地寄居末端部上に点在する小古墳からなる古墳群で、埼玉県の重要遺跡と深谷市の史跡に指定されている。9号墳はこれま…

虚空蔵山古墳 (再訪) 行田市小見

虚空蔵山古墳を再訪。説明板が新調されていた。 にほんブログ村

くまん塚 戸田市本町

埼玉県戸田市にまだ現存する古墳があるらしいと知り訪れた。その古墳は、本村古墳群のくまん塚。文献[1]によると「現在は、開墾されて原形をとどめていないが、わずかに墳丘と横穴式石室に使用されたと思われる石材が残っている。出土した年月は不詳であるが…

白岩銚子塚古墳 神川町新里

青柳古墳群の白岩支群を構成する4基の古墳で唯一の前方後円墳の白岩銚子塚古墳。新里の通称くじら山(白岩丘陵)の山頂にある。神川町で最大規模の全長46m、高さ4.2m。前方部を北西に向ける。6世紀中頃の築造。周溝から埴輪(円筒、馬形など)を出土。この地域の…

海老ヶ久保39, 43, 44号墳 神川町新宿

青柳古墳群の海老ヶ久保支群の続き。 海老ヶ久保39号墳(No.231)は径10mほどの円墳。 海老ヶ久保43号墳(No.198)は径15mほどの円墳。地元の方に「趣味で古墳巡りしている」と挨拶したら、「今は楽しみも色々あるから」と理解を示すお言葉でありがたかった。 海…

海老ヶ久保34, 36, 37号墳 神川町池田

青柳古墳群の海老ヶ久保支群の続き。 海老ヶ久保34号墳(No.228)は径7〜8mほどの円墳。 海老ヶ久保37号墳(No.227)は径10mほどの円墳。 海老ヶ久保36号墳(No.226)は径7mほどの円墳。 海老ヶ久保16号墳-17号墳-23号墳-34号墳36号墳-37号墳-39号墳-43号墳-44号墳…

海老ヶ久保19, 23, 24, 25, 26, 27号墳 神川町池田

青柳古墳群の海老ヶ久保支群の続き。 海老ヶ久保19号墳(No.212)は径13mほどの円墳。鉄器を出土。 海老ヶ久保23号墳(No.214)は径17mほどの円墳。横穴式石室。 海老ヶ久保24号墳(No.215)は径17mほどの円墳。横穴式石室。 海老ヶ久保25号墳(No.216)は径13mほど…

海老ヶ久保12, 13, 14号墳 神川町池田

青柳古墳群の海老ヶ久保支群の続き。 海老ヶ久保12号墳(No.271)は径12mの円墳。 左の茂みが海老ヶ久保12号墳、その右に海老ヶ久保14号墳、海老ヶ久保13号墳と並ぶ。海老ヶ久保13号墳(No.208)は径12mの円墳。海老ヶ久保14号墳(No.206)は径10mの円墳。 海老ヶ…