週末は古墳巡り

古墳とは、およそ3世紀から7世紀に築かれた墳丘状の墓のこと。その数、およそ20万基。

皇子塚古墳と平井地区1号墳 (再訪) 藤岡市三ツ木

毛野国白石丘陵公園の皇子塚古墳と平井地区1号墳も再訪した。

西から、左が平井地区1号墳、右が皇子塚古墳

f:id:kofunmeguri:20190414193503j:image

f:id:kofunmeguri:20190414193557j:image

平井地区1号墳。円墳。径30m、高さ6m。両袖型横穴式石室。6世紀後半の築造。

西から

f:id:kofunmeguri:20190414192640j:image

北から

f:id:kofunmeguri:20190414192743j:image

この辺りが横穴式石室の開口部か?
f:id:kofunmeguri:20190414192737j:image

左手前が平井地区1号墳、右奥が七輿山古墳の後円部

f:id:kofunmeguri:20190414192838j:image

f:id:kofunmeguri:20190414193948j:image

皇子塚古墳。円墳。径31m、高さ5.5m。両袖型横穴式石室(複室式)。

f:id:kofunmeguri:20190414194516j:image

f:id:kofunmeguri:20190414194708j:image

南東から、この辺りに横穴式石室が開口。今は埋め戻されている。右奥に平井地区2号墳と平井地区2号北古墳が見える。

f:id:kofunmeguri:20190414194853j:image

f:id:kofunmeguri:20190414195544j:image

f:id:kofunmeguri:20190416205905j:image

南西から左が平井地区1号墳、右が皇子塚

f:id:kofunmeguri:20190416210012j:image

f:id:kofunmeguri:20190416210235j:image

群馬県藤岡市|平井地区1号古墳

藤岡市藤岡歴史館で開催中(5月12日まで)春季企画展「平井地区1号墳とその時代2」で平井地区1号墳から出土した国指定重要文化財の耳環、馬具、鉄鏃、弓金具、刀子、挂甲小札、直刀、銀象嵌円頭大刀、金銀装単鳳環頭大刀、須恵器、靫形埴輪(ゆぎがたはにわ)、朝顔形円筒埴輪を見学した。

f:id:kofunmeguri:20190416210330j:image
f:id:kofunmeguri:20190416210342j:image

古墳時代後期(6世紀後半)の縦穴住居(復元)

f:id:kofunmeguri:20190416210531j:image
f:id:kofunmeguri:20190416210538j:image

f:id:kofunmeguri:20190416210616j:image

f:id:kofunmeguri:20190416211034j:image

昨年10月に訪れたときは、草茫々だった。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村