週末は古墳巡り

古墳とは、およそ3世紀から7世紀に築かれた墳丘状の墓のこと。その数、およそ20万基。

江田船山古墳 玉名郡和水町

75文字の銀象嵌銘を持つ大刀が出土したことで有名な熊本県玉名郡和水町(なごみまち)の江田船山古墳。銘にある「獲□□□鹵大王」は、獲を「蝮(たじひ)」、鹵を「歯」と読んで、反正天皇 多遅比瑞歯別尊(たじひのみずはわけのみこと)(日本書紀)または水歯別命(古事記)と長い間推定されてきた。ところが、1978年に埼玉県行田市稲荷山古墳から出土した金錯銘鉄剣に「獲加多支鹵大王」という文字が発見され、「獲〓〓〓鹵大王」と4文字が一致することから、「ワカタケル大王」と読み、雄略天皇に比定することが定説になった。

f:id:kofunmeguri:20210820193439j:image
f:id:kofunmeguri:20210820193443j:image
f:id:kofunmeguri:20210821053810j:image

東京国立博物館 - コレクション 名品ギャラリー 館蔵品一覧 銀象嵌銘大刀(ぎんぞうがんめいたち) 

東京国立博物館 - 展示 日本の考古・特別展(平成館) 銘文大刀と古墳時代の社会 作品リスト

e国宝 - 江田船山古墳出土品

肥後江田船山古墳出土品 文化遺産オンライン

江田船山古墳 / 観光情報TOP / 和水町

施設案内 | 和水町歴史民俗資料館

  

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村