週末は古墳巡り

古墳とは、およそ3世紀から7世紀に築かれた墳丘状の墓のこと。その数、およそ20万基。

埼玉県選定重要遺跡

海老ヶ久保19, 23, 24, 25, 26, 27号墳 神川町池田

青柳古墳群の海老ヶ久保支群の続き。 海老ヶ久保19号墳(No.212)は径13mほどの円墳。鉄器を出土。 海老ヶ久保23号墳(No.214)は径17mほどの円墳。横穴式石室。 海老ヶ久保24号墳(No.215)は径17mほどの円墳。横穴式石室。 海老ヶ久保25号墳(No.216)は径13mほど…

海老ヶ久保12, 13, 14号墳 神川町池田

青柳古墳群の海老ヶ久保支群の続き。 海老ヶ久保12号墳(No.271)は径12mの円墳。 左の茂みが海老ヶ久保12号墳、その右に海老ヶ久保14号墳、海老ヶ久保13号墳と並ぶ。海老ヶ久保13号墳(No.208)は径12mの円墳。海老ヶ久保14号墳(No.206)は径10mの円墳。 海老ヶ…

海老ヶ久保7, 8, 9, 16, 17号墳 神川町池田

青柳古墳群の海老ヶ久保支群の続き。 海老ヶ久保7号墳(No.202)は径18mほどの円墳。 海老ヶ久保8号墳(No.203)は径18mほどの円墳。 海老ヶ久保9号墳(No.204)は径20mほどの円墳。 海老ヶ久保16号墳(No.209)は規模不明の円墳。 海老ヶ久保17号墳(No.210)は径16m…

海老ヶ久保4, 5号墳 神川町池田

青柳古墳群の海老ヶ久保支群の続き。 海老ヶ久保4号墳(No.186)は径10mほどの円墳。 右手前が海老ヶ久保4号墳、左奥が海老ヶ久保5号墳。 海老ヶ久保5号墳(No.187)は径10mほどの円墳。 海老ヶ久保2号墳-3号墳-4号墳-5号墳【埼玉県神川町】 - ぺんの古墳探訪記 …

海老ヶ久保1, 2, 3号墳 神川町池田

青柳古墳群の十二ヶ谷戸支群の次に海老ヶ久保支群を巡った。海老ヶ久保支群は確認された44基の古墳のうち、墳丘が残る古墳は25基と、青柳古墳群の11支群のうちで最も多い。 海老ヶ久保1号墳(No.190)は全長約30mの前方後円墳。 左が海老ヶ久保1号墳、右手前に…

十二ヶ谷戸2, 12, 13, 16号墳 神川町池田

青柳古墳群の十二ヶ谷戸支群の続き。 十二ヶ谷戸16号墳(No.183)は径8mほどの円墳。 十二ヶ谷戸2号墳(No.184)は規模不明の円墳。 十二ヶ谷戸13号墳(No.181)は径13mほどの円墳。 十二ヶ谷戸12号墳(No.180)は径10mほどの円墳。 十二ヶ谷戸10号墳-11号墳-12号墳-…

十二ヶ谷戸5, 6, 7, 8号墳 神川町池田

青柳古墳群の十二ヶ谷戸支群の続き。 左手前が十二ヶ谷戸8号墳、右奥が十二ヶ谷戸7号墳。 十二ヶ谷戸8号墳(No.194)は径15mほどの円墳。8号墳から出土した盾持人埴輪は埼玉県立さきたま史跡の博物館の企画展「盾持人埴輪の世界」で展示されていた。 十二ヶ谷…

十二ヶ谷戸10, 11号墳 神川町池田

青柳古墳群の城戸野支群の次に十二ヶ谷戸支群を巡った。十二ヶ谷戸支群は確認された17基の古墳のうち、墳丘が残る古墳は8基。1968年(昭和43年)の農道建設、翌年の北部用水工事、1991年(平成3年)の土地改良事業に伴って8基の古墳が発掘調査された。十二ヶ谷戸…

城戸野25, 26, 27, 29号墳 神川町新宿

青柳古墳群の城戸野支群の続き。 支群の東側の4基の古墳。 城戸野29号墳(No.237)は径11mほどの円墳。半分以上削られた痛々しい姿で稲穂が垂れる田んぼの中に島のように浮かぶ。 左手前が城戸野29号墳、右奥が城戸野27号墳 城戸野27号墳(No.233)は径13mほどの…

城戸野5, 8, 10, 11号墳 神川町新宿

青柳古墳群の城戸野支群の続き。「伝緑野寺旧跡と城戸野古墳群」 の説明板の西側の4基の古墳。 城戸野5号墳(No.243)は伝緑野寺旧跡の西に位置する径18mほどの円墳。草木が茂り墳丘は確認できなかった。 城戸野8号墳(No.241)は径20mほどの円墳。埴輪や周溝が…

城戸野20号墳 神川町新宿

青柳古墳群の城戸野支群の続き。城戸野支群で唯一の前方後円墳。城戸野20号墳(No.253)は全長約30mの前方後円墳。前方部と後円部の間のくびれ部が削られていて2基の円墳のように見える。 城戸野20号墳【埼玉県神川町】 - ぺんの古墳探訪記 にほんブログ村

城戸野17, 18号墳 神川町新宿

青柳古墳群の城戸野支群の続き。城戸野22号墳の北で南北に並ぶ2基の古墳。 城戸野17号墳(No.250)は径17mほどの円墳。 城戸野18号墳(No.251)は径18mほどの円墳。 左に城戸野18号墳の裾、その右奥に22号墳、その右に21号墳。 城戸野10号墳-17号墳-18号墳-21号…

城戸野21, 22号墳 神川町新宿

青柳古墳群の城戸野支群の続き。城戸野24号墳の北で東西に並ぶ2基の古墳。 城戸野21号墳(No.254)は径8mほどの円墳。 城戸野22号墳(No.255)は径12mほどの円墳。 城戸野10号墳-17号墳-18号墳-21号墳-22号墳-24号墳【埼玉県神川町】 - ぺんの古墳探訪記 にほん…

城戸野24号墳 神川町新宿

神川町多目的交流施設で開催中の企画展「かみかわの古墳を知ろう(2)城戸野」を見学した後で、青柳古墳群の城戸野(じょうどの)支群の古墳を見学した。 城戸野24号墳(No.257)は規模不明の円墳。赤い花のアサガオと青い花のツユクサ(?)が墳丘を覆い尽くしてい…

「かみかわの古墳を知ろう(2) 城戸野」 神川町多目的交流施設

神川町多目的交流施設で開催中の企画展「かみかわの古墳を知ろう(2)城戸野」を見学した。青柳古墳群の城戸野(じょうどの)支群は、青柳古墳群でも南に位置し、神流川によって形成された標高約108〜112mの河岸段丘上に立地する。確認された30基の古墳のうち、…

二ノ宮2, 6号墳 神川町二ノ宮

青柳古墳群の二ノ宮支群の続き。 二ノ宮2号墳(No.156)は栗畑の中の径10mほどの円墳。 二ノ宮6号墳(No.157)は径9mほどの円墳。 二ノ宮2号墳-20号墳-27号墳【埼玉県神川町】 - ぺんの古墳探訪記 二ノ宮4号墳-5号墳-6号墳-7号墳-10号墳【埼玉県神川町】 - ぺん…

二ノ宮4, 5, 7, 10号墳 神川町二ノ宮

青柳古墳群の二ノ宮支群の続き。 二ノ宮4号墳(No.169)は径10mほどの円墳。 右奥が二ノ宮4号墳、左手前が二ノ宮5号墳。 二ノ宮5号墳(No.159)は径5mほどの円墳。 二ノ宮7号墳(No.161)は規模不明の円墳。 二ノ宮10号墳(No.162)は規模不明の円墳。茂みで墳丘が確…

二ノ宮12, 13, 15, 16号墳 神川町二ノ宮

青柳古墳群の二ノ宮支群の続き。二ノ宮20号墳の北東に4基の円墳、12号墳(No.163)、13号墳(No.164)、15号墳(No.166)、16号墳(No.167)が集まっている。 中央手前が13号墳、右奥が12号墳、左奥に15号墳と16号墳。 左に13号墳、中央に12号墳、奥に15号墳。 左手…

二ノ宮20, 24号墳 神川町二ノ宮

青柳古墳群の二ノ宮支群の続き。 二ノ宮20号墳(No.178)は食品工場の敷地内でシートが掛けられている規模不明の円墳。 二ノ宮24号墳(No.154)は、径16mほどの円墳。進入路を間違え近寄れなかった。 二ノ宮2号墳-20号墳-27号墳【埼玉県神川町】 - ぺんの古墳探…

二ノ宮27号墳 神川町二ノ宮

青柳古墳群の南塚原支群の南西に分布する二ノ宮支群。二ノ宮支群は総数29基で、12基の墳丘が残る。 二ノ宮27号墳(No.153)。ビニールハウスの手前に細長い楕円形墳のような墳丘が残る。葺石と思われる河原石が目につく。径16mの円墳。 二ノ宮2号墳-20号墳-27…

南塚原52, 53, 55, 58号墳跡 神川町二ノ宮

青柳古墳群の南塚原支群の続き。 南塚原52号墳(No.136)は、焼肉屋の敷地の隅にある規模不明の円墳。 南原塚53号墳(No.137)は径18mほどの円墳。すでに消滅。横穴式石室、葺石、周堀を確認。直刀、刀子、鉄鏃、玉、埴輪、土師器、須恵器を出土。 南塚原55号墳(…

南塚原11, 12, 13号墳 神川町新里

青柳古墳群の南塚原支群の続き。農業用調整池の北側の3基。 南塚原13号墳(No.107)は径18mほどの円墳。周堀を確認。大塚稲荷古墳と南塚原9号墳の中間に位置する。 南塚原11号墳(No.99)は径20mほどの円墳。南塚原13号墳の北に位置する。7世紀第2四半期の築造。…

南塚原42, 48号墳 神川町新里

青柳古墳群の南塚原支群の続き。 南塚原42号墳(No.125)は、南塚原9号墳のすぐ南に所在する径12mほどの円墳。樹木が生い茂り夏季に墳丘を確認するのは難しい。 南塚原48号墳(No.128)は規模不明の円墳。大塚稲荷古墳の前に立てられた説明板で「古墳跡」と記さ…

南塚原9, 10号墳 神川町新里

青柳古墳群の南原塚支群の続き。南塚原9号墳(No.122)は青柳古墳群南塚原支群で唯一の前方後円墳。全長24.5m。横穴式石室。葺石。南塚原9号墳の後円部の東側の道路予定地にあった南塚原10墳(No.123)は、6世期末頃に築造された径19mほどの円墳。両袖式で6.6mの…

南塚原14, 15, 16, 35号墳 神川町新里

大塚稲荷古墳の前に立てられた説明板で「現存された古墳」と記された南塚原14号墳、15号墳、16号墳。大塚稲荷古墳の南東に一列に並ぶ。 南塚原14号墳(No.111)は径10mほどの円墳。 南塚原15号墳(No.112)は径10mほどの円墳。藪の中で現状不明。 南塚原16号墳(N…

大塚稲荷古墳 神川町新里

青柳(あおやぎ)古墳群は、群馬県との県境を流れる神流川右岸の河岸段丘上の旧青柳村を中心に展開する大規模な群集墳で、11支群から成り、群内には総数293基の古墳が確認され、土地改良事業などの開発で発掘調査された古墳は100基以上、墳丘が残存する古墳は…

中新里諏訪山古墳 神川町中新里

中新里(なかにいさと)諏訪古墳。前方後円墳。全長約41m、高さ3.5m。6世紀中頃の築造。前方部を南に向ける(N-177°-W)。盾型の周溝。後円部の周溝幅は最大4.5mで、前方部の周溝は明瞭でない。1935年ごろに大々的に盗掘された。馬具、直刀、勾玉などが出土した…

神明貝塚 春日部市西親野井

神明貝塚は、奥東京湾(おくとうきょうわん)最北部の汽水域に形成された縄文時代後期前半の馬蹄形貝塚(ばていけいかいづか)を伴う集落遺跡の中でも最大級の規模を持つ遺跡。集落域と貝層がほぼ全体が良好な状態で保存されている。今年3月の官報で文部科学大臣…

関山貝塚 蓮田市関山

埼玉県教育委員会と蓮田市教育委員会が連名で平成15年に設置した関山貝塚(せきやまかいずか)の説明板は日に焼けて文字が褪せて全く読めない。関山貝塚は関山式土器の標式遺跡。関山式土器は縄文時代前期前半(約6,500~6,000年前)の土器型式の一つ。関山貝塚…

黒浜貝塚 (再訪) 蓮田市黒浜

平成27年度から整備事業を実施していた蓮田市の黒浜貝塚は令和元年度の第5期整備事業が完了して、今年5月(?)からひっそり史跡内を自由に見学できるようになっていた。黒浜貝塚は、縄文時代前期中葉の黒浜式土器の標式遺跡。 椿山のムラ 湧水地 宿浦のムラ …