週末は古墳巡り

古墳とは、およそ3世紀から7世紀に築かれた墳丘状の墓のこと。その数、およそ15万基。

横穴墓

市ケ尾横穴古墳群 横浜市青葉区市ヶ尾町

稲荷前古墳群から南東に徒歩16分の市ヶ尾遺跡公園内に市ケ尾横穴墓群がある。6世紀後半から7世紀後半にかけてつくられたA群12基、B群7基の計19基からなる。1933年に開墾中に発見された。 A群。 A-6号横穴 A-8, 9号横穴 A-12号横穴 B群。 B-1号横穴 B-2号横穴…

根岸山横穴墓群 町田市根岸町

町田市の桜美林大学から南に徒歩7分の日向根トンネルの切削工事中に発見された根岸山横穴墓群。境川中流域では最大規模の横穴墓群。 にほんブログ村

十五郎穴 ひたちなか市中根

十五郎穴横穴群は、奈良時代に、本郷川右岸台地の凝灰岩の崖面を彫り込んで築かれた集団墓。館出、指渋、笠谷などのいくつかの支群に分かれて分布している。このうち館出支群の34基が茨城県指定史跡に指定されている。1976年ら1980年に虎塚古墳の東側の指渋…

久本横穴墓群 川崎市高津区久本

JR南武線の武蔵溝ノ口駅そばの久本神社の裏の崖にある久本横穴墓群。急傾斜地崩壊対策事業の工事で見つかり保存されている。口明塚から北東に徒歩18分。アップダウンが激しい。 久本神社。 久本薬医門公園。 にほんブログ村 参考文献 後藤喜八郎 1995「川崎…

等々力渓谷横穴墓群 世田谷区等々力

御岳山古墳の西を北から南に流れる谷沢川が武蔵野台地を浸食してできた等々力渓谷。谷間の崖地に造られた横穴墓群は、古墳時代後期から奈良時代(7世紀後期から8世紀)に築造と推定される。これまでに調査した3基のうち、3号墓はガラス越しに内部がのぞけるよ…

鵜の木一丁目横穴墓群 大田区鵜の木

7世紀後半から8世紀前半にかけて構築された横穴墓群。6号墓は切石羨門構造をもつ貴重な横穴墓として保存された。[Google マップ] 羨道(えんどう)とは古墳の横穴式石室や横穴墓などの玄室と外部とを結ぶ通路部分。慣習的に「せんどう」とも呼称する。切石(き…