週末は古墳巡り

日本の古墳と煉瓦の共通点(なぜ、古墳めぐりのブログで煉瓦を取り上げるのかの言い訳) 古墳(特に前方後円墳)は3世紀半ばに誕生すると全国に広まるが、6世紀の仏教伝来で終わる。煉瓦は明治維新で始まり、関東大震災で終わる。終わりの美学。終わったのにまだ残っている。誰かが守らなければなくなる。

東京化成工業 王子研究所の煉瓦塀 北区豊島

東京化成工業 王子研究所の「関係者以外立入禁止」とある入口に煉瓦塀の門柱が見える。煉瓦塀は植木に阻まれて見えない。

f:id:kofunmeguri:20190901181122j:image
f:id:kofunmeguri:20190901181104j:image
f:id:kofunmeguri:20190901181112j:image

裏の隅田川沿いの歩道から、隙間から煉瓦塀が見える。

f:id:kofunmeguri:20190901181548j:image

角度を変えると

f:id:kofunmeguri:20190914102906j:image

90mほど西のアパートの脇に煉瓦塀が残る。

f:id:kofunmeguri:20190901181928j:image
f:id:kofunmeguri:20190901181906j:image
f:id:kofunmeguri:20190901181937j:image
f:id:kofunmeguri:20190901181943j:image
f:id:kofunmeguri:20190901181921j:image
f:id:kofunmeguri:20190901181859j:image
f:id:kofunmeguri:20190901181912j:image

裏の隅田川沿いの歩道から

f:id:kofunmeguri:20190901182111j:image
f:id:kofunmeguri:20190901182102j:image

隅田川に架かる新豊橋

f:id:kofunmeguri:20190901182318j:image

上流の新田橋
f:id:kofunmeguri:20190901182324j:image

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村