週末は古墳巡り

古墳とは、およそ3世紀から7世紀に築かれた墳丘状の墓のこと。その数、およそ20万基。

埼玉古墳群 (さきたま古墳群)

埼玉(さきたま)古墳群は武蔵国を代表する古墳群。関東平野の西北部、利根川と荒川が連結する最上流部近くに築かれた。前方後円墳8基と円墳1基の大型古墳が残る全国有数の大型古墳群。古墳群は5世紀末から7世紀にかけて成立したと考えられている。6世紀から7世紀の无邪志国造(むさしのくにのみやつこ)の所在地と見られる。埼玉古墳群の中で一番古いのは稲荷山古墳で、5世紀後半頃に築造されたと考えられている。稲荷山古墳は金錯銘鉄剣の出土で知られる。

f:id:kofunmeguri:20180521073101j:image

さきたま史跡の博物館に展示されている稲荷山古墳出土の金錯銘鉄剣。

f:id:kofunmeguri:20180521211920j:image

行田市教育委員会/文化財めぐりパンフレット