週末は古墳巡り

古墳とは、およそ3世紀から7世紀に築かれた墳丘状の墓のこと。その数、およそ20万基。

立川No.13古墳(沢稲荷) 立川市柴崎町

多摩モノレール柴崎体育館駅から西に徒歩10分。南に多摩川を見おろす青柳段丘上にある沢稲荷は、『東京都遺跡地図』に立川市の遺跡番号13番の古墳として登録されている。立川市内で唯一、墳丘の残存する古墳。

西から。

f:id:kofunmeguri:20181216185321j:image

f:id:kofunmeguri:20181216185149j:image

北西から。

f:id:kofunmeguri:20181216194523j:image

東から。

f:id:kofunmeguri:20181216185556j:image

北から。

f:id:kofunmeguri:20181216185627j:image

文献[1]では「墳丘は直径15m。墳丘上部は削平されて稲荷社が祀られ、周囲には樹木が茂っている。墳丘の南側は裾が半円状に残されているが他の部分は直線状に整地され、北側には階段がある。墳丘上には中小の礫が見うけられる。」「主体部は内容不明。文献[2]によると「ボーリング調査の結果石室の存在が確認されている」と記されている。」とされる。

沢稲荷から東に徒歩6分の青柳段丘上にある大和田遺跡。

f:id:kofunmeguri:20181216190627j:image
f:id:kofunmeguri:20181216190621j:image

多摩モノレール柴崎体育館駅の東の立川公園のガニガラ広場。ガニガラはこの辺りの古い地名で、崖下から清水が湧き、カニがたくさんいたことから蟹殻がガニガラになったとか。

f:id:kofunmeguri:20181216191107j:image
f:id:kofunmeguri:20181216191101j:image

青柳段丘下を流れる根川。

f:id:kofunmeguri:20181216191648j:image
f:id:kofunmeguri:20181216191639j:image
f:id:kofunmeguri:20181216191632j:image

f:id:kofunmeguri:20181216191738j:image

残堀川。

f:id:kofunmeguri:20181216191848j:image
f:id:kofunmeguri:20181216191854j:image
f:id:kofunmeguri:20181216191901j:image

青柳段丘上から多摩川方面の眺め。

f:id:kofunmeguri:20181216192041j:image

文献

[1] 多摩地区所在古墳確認調査団 1995『多摩地区所在古墳 確認調査報告書』

[2] 立川市教育委員会 1957『立川市教育資料I』立川市教育委員会

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村