週末は古墳巡り

古墳とは、およそ3世紀から7世紀に築かれた墳丘状の墓のこと。その数、およそ20万基

北星鉛筆倉庫 荒川区西日暮里

常磐線三河島駅南の西日暮里一丁目広場の正面に煉瓦造の倉庫が残る。明治時代後半に北星鉛筆の倉庫として建築された。北海道から運ばれてくる鉛筆材料の木材を保管するために倉庫まで引込み線が引かれていたとのこと。文献[1]によると明治期に建てられ、もともとの所有者から北星鉛筆が譲り受けたとのこと。また、プレハブで覆われている北側の塀の部分は事故で破損し、内部が木造などで補修されているとのこと。

f:id:kofunmeguri:20190701180154j:image
f:id:kofunmeguri:20190701180152j:image
f:id:kofunmeguri:20190701180149j:image

駅近くの高層ビルの敷地に非常時に備え手押しポンプが設置されていた。

f:id:kofunmeguri:20190701180522j:image

文献

[1] 荒川区教育委員会 2011「煉瓦のある風景 -あらかわの建築と煉瓦産業-」企画展示図録

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村