週末は古墳巡り

古墳とは、およそ3世紀から7世紀に築かれた墳丘状の墓のこと。その数、およそ20万基。

三の輪ガード 荒川区南千住、東日暮里

常磐線南千住駅三河島駅の間に、1896年(明治29年)開通の日本鉄道土浦線の煉瓦造のガード(架道橋)が3本残る。

第3三の輪ガード(南千住駅寄り)。アーチ型の橋梁。トンネル上部の笠石には、「雁木(がんぎ)」といわれる煉瓦を傾けて凹凸をつける装飾的な煉瓦積みが施されている。

f:id:kofunmeguri:20190701172821j:image

f:id:kofunmeguri:20190701172910j:image

f:id:kofunmeguri:20190701172907j:image
第2三の輪ガード

f:id:kofunmeguri:20190701173447j:image

f:id:kofunmeguri:20190701173725j:image
f:id:kofunmeguri:20190701173730j:image
f:id:kofunmeguri:20190701173735j:image
f:id:kofunmeguri:20190701173739j:image

第1三の輪ガード(三河島駅寄り)

f:id:kofunmeguri:20190701174002j:image
f:id:kofunmeguri:20190701173959j:image
f:id:kofunmeguri:20190701174005j:image
f:id:kofunmeguri:20190701174009j:image

文献

[1] 荒川区教育委員会 2011「煉瓦のある風景 -あらかわの建築と煉瓦産業-」企画展示図録

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村