週末は古墳巡り

古墳とは、およそ3世紀から7世紀に築かれた墳丘状の墓のこと。その数、およそ20万基。

上作延南原古墳 川崎市高津区上作延

上作延南原古墳は、従来は径16.3m、高さ2.5mの円墳とされていたが、中野・赤堀両氏による2005年の測量調査で、「作図の結果、西半分の墳丘裾部の残存状態が良好であり、北西隅と南西隅を明瞭にとどめることから、本古墳は方墳として築造されたと考えられる。」とされた。

宮崎大塚古墳から北西に徒歩17分。発掘調査が行われていない、出土遺物及び文献がないため、古墳の性格は判断するのが困難。

墳頂に稲荷の小祠を祀る。南に向かって参道が延びる。

f:id:kofunmeguri:20170503213334j:image

f:id:kofunmeguri:20170503213525j:image

f:id:kofunmeguri:20170503213641j:image

f:id:kofunmeguri:20170503213725j:image

台地の北端の下を多摩川の支流の平瀬川が流れている。対岸は津田山。

f:id:kofunmeguri:20170503214017j:image

参考文献:

持田春吉・村田文夫 1993「久地伊屋之免古墳と虚空蔵山古墳」『考古論叢 神奈河』2、神奈川県考古学会

中野和夫・赤堀岳人 2005「川崎北西部に分布する古墳の概況」『川崎市文化財調査集録』第41集

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村