週末は古墳巡り

古墳とは、およそ3世紀から7世紀に築かれた墳丘状の墓のこと。その数、およそ20万基

赤堀茶臼山古墳 伊勢崎市赤堀今井町

大室古墳群の東1kmの多田山丘陵の頂上にある帆立貝形古墳の赤堀茶臼山古墳。全長62m。1929年に帝国博物館の後藤守一が調査。8点の家形埴輪が出土。東京国立博物館に収蔵されている。多田山丘陵にはかつて30基ほどの古墳があった。

西から

f:id:kofunmeguri:20190331224411j:image

南西から
f:id:kofunmeguri:20190331224420j:image

南から、右が後円部、左が前方部

f:id:kofunmeguri:20190331224551j:image

西から
f:id:kofunmeguri:20190331224545j:image

墳頂上から北の赤城山の眺望
f:id:kofunmeguri:20190331224536j:image

墳丘上から西の眺望

f:id:kofunmeguri:20190331225020j:image

f:id:kofunmeguri:20190331225153j:image

赤堀茶臼山古墳/伊勢崎市

埴輪 寄棟造倉庫 文化遺産オンライン

https://www.city.isesaki.lg.jp/material/files/group/96/chausuyama.pdf

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村