週末は古墳巡り

古墳とは、およそ3世紀から7世紀に築かれた墳丘状の墓のこと。その数、およそ20万基

中塚古墳 桐生市新里町新川

赤城山南麓の標高約200mの丘陵上に位置する中塚古墳。一辺約40mの方墳。1980年の発掘調査では径約37mの円墳とされていた。南に開口する横穴式石室は中に入れなかったが、以前は入れたようで、その当時の様子を伝えるサイトでは、切石組み石室の頂点に立つ古墳と紹介されている。7世紀後半の築造。山上碑に刻まれた新川臣が被葬者として推定されている。

北東から

f:id:kofunmeguri:20190331213603j:image

東から

f:id:kofunmeguri:20190331213730j:image

f:id:kofunmeguri:20190331214044j:image

f:id:kofunmeguri:20190331213837j:image

南から両袖型横穴式石室が開口する
f:id:kofunmeguri:20190331213826j:image
f:id:kofunmeguri:20190331213852j:image
f:id:kofunmeguri:20190331213817j:image

北西から

f:id:kofunmeguri:20190331214354j:image

f:id:kofunmeguri:20190331214429j:image

墳頂上の祠

f:id:kofunmeguri:20190331214538j:image

f:id:kofunmeguri:20190331214629j:image

中塚古墳|桐生市ホームページ

公益財団法人 群馬県埋蔵文化財調査事業団|群馬の遺跡・出土品|群馬の遺跡案内|東毛地域 中塚古墳

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村