週末は古墳巡り

古墳とは、およそ3世紀から7世紀に築かれた墳丘状の墓のこと。その数、およそ20万基

小林八束1遺跡(第7次) 現地説明会(11/17) 久喜市菖蒲町新堀

小林八束(おばやしはっそく)1遺跡は、久喜市の南西部、菖蒲総合支所の南側に位置し、大宮台地と加須低地が接する地域に立地。小林調節池の改修工事に伴う発掘調査を2007年(第1次)から行なっている。今回の調査(第7次)では縄文時代後期(約4,000年前)の谷と古墳時代前期(約1,700年前)のムラ、古代以降(約1,300年前〜)の炭焼窯が見つかった。

ブルーシートで囲われた範囲が今回の調査範囲。中央の見学者が集まっている場所が縄文時代の谷。谷の右が古墳時代のムラがある台地。写真の右外側に調節池がある。左の奥の建物が菖蒲総合支所。

f:id:kofunmeguri:20181117204101j:image

遺跡の範囲と調査範囲。

f:id:kofunmeguri:20181117204815j:image

縄文時代の谷。

f:id:kofunmeguri:20181117204944j:image

方形周溝墓の立札があったが、説明はなく、スルーされてしまった。

f:id:kofunmeguri:20181117205400j:image

縄文時代の縦穴住居跡。立札に書かれた文字は左から壺、炉、高坏、壁周溝、器台。

f:id:kofunmeguri:20181117205634j:image

こちらも古墳時代の住居跡。

f:id:kofunmeguri:20181117210231j:image

古代以降の炭焼窯。隣に古墳時代の住居跡があるが時代は400年ほど差がある。鉄の生産に炭が使われていた。

f:id:kofunmeguri:20181117210401j:image

炭焼窯の炭化室(炭を焼く部屋)と煙道部。

f:id:kofunmeguri:20181117210826j:image

縄文時代の谷。手前の大木は谷の水流を堰き止める目的で設置された。GとHの札の位置に杭が打たれている。大木の奥に第3木組遺構。木の実のアクを晒す、もしくはふやかす目的で使用された。ドングリにはタンニンが含まれ、そのままでは食べられないが、タンニンは水溶性なので1週間以上水に晒せばアクが抜けるそうだ。

f:id:kofunmeguri:20181117211718j:image

第2木組遺構と板敷部。板敷部で縄文人が作業をしていたと想定される。

f:id:kofunmeguri:20181117212913j:image

f:id:kofunmeguri:20181117212140j:image
f:id:kofunmeguri:20181117212150j:image

第4号木組遺構。

f:id:kofunmeguri:20181117213141j:image

小林調節池。

f:id:kofunmeguri:20181117213721j:image

f:id:kofunmeguri:20181117213934j:image

現地では小林八束1遺跡から出土した縄文土器土偶古墳時代の土師器などを見学した。また、先月、ららぽーと富士見で開催された「ほるたま展」(10/26〜10/29)で、小林八束1遺跡で出土したユーモラスな土偶たちを見学したので、今回の現地説明会は楽しみだった。

f:id:kofunmeguri:20181117215938j:image

小林八束1遺跡  平成19年度

小林八束1遺跡  平成24年

小林八束1遺跡  平成25年度

小林八束Ⅰ遺跡(第5次) 平成26年

小林八束1遺跡(第6次) 平成29年度

小林八束1遺跡(第7次) (久喜市)  |  公益財団法人 埼玉県埋蔵文化財調査事業団

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村