週末は古墳巡り

古墳とは、およそ3世紀から7世紀に築かれた墳丘状の墓のこと。その数、およそ20万基。

豊島馬場遺跡 北区豊島

日本フェルトの工場跡地から100基以上の古墳時代前期の方形周溝墓が確認された。方形周溝墓からはガラス玉の鋳型が出土。現在は公園になっている。すぐそばを隅田川が流れ、遺跡は川によって形成された微高地上に立地する。この微高地は周辺の高背湿地よりもわずかに高く安定していた。地表下約1mに遺跡は眠っていた。

f:id:kofunmeguri:20180122183043j:image

f:id:kofunmeguri:20180122183133j:image

f:id:kofunmeguri:20180122183159j:image

f:id:kofunmeguri:20180122183223j:image

下記の北区のWebsiteの説明では、100基以上の方形周溝墓が確認されたとするが、「周溝をもつ建物跡」と方形周溝墓が混在する遺跡との指摘があり、最近の研究では、周溝を有する建物跡150棟、方形周溝墓12基等が検出とされる。

豊島馬場遺跡公園 | 歩きたくなる街東京都北区

豊島馬場遺跡出土ガラス小玉鋳型|東京都北区

文献

[1] 北区飛鳥山博物館 2000 『夏期企画展 豊島馬場遺跡と方形周溝墓』

[2] 福田聖 2000 『方形周溝墓の再発見』

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村