週末は古墳巡り

古墳とは、およそ3世紀から7世紀に築かれた墳丘状の墓のこと。その数、およそ20万基。

白山神社古墳 君津市俵田

小櫃公民館からバスで南に3分。小櫃川中流域右岸の標高50mの丘陵西端部に立地する白山神社古墳。前期の前方後円墳。全長89m。周辺の水田面との比高は約20m。墳丘形態から前期(4世紀代)古墳と推定。古墳の脇に白山神社を祀る。御祭神は弘文天皇(大友皇子)・菊理媛命白山神社の社伝によれば、天武天皇14年(685)勅使が下向し社殿を造営して弘文天皇を祀り、田原神と称されたという。伝説では、壬申の乱に敗れ、上総国田原の郷まで落ち延びた大友皇子は、再度の戦に破れ、この地で自害したと伝えている。

f:id:kofunmeguri:20171105204845j:image
f:id:kofunmeguri:20171105203510j:image
f:id:kofunmeguri:20171105210309j:image

南から右が後円部、左が前方部。
f:id:kofunmeguri:20171106195809j:image

南から後円部。後円部の中央に窪みあり。
f:id:kofunmeguri:20171105205232j:image

南から前方部。
f:id:kofunmeguri:20171105205336j:image

西から前方部。
f:id:kofunmeguri:20171105204800j:image

東から後円部。
f:id:kofunmeguri:20171105210220j:image

後円部の東側の陪塚。明治31年に発掘され獣形鏡・直刀が出土。
f:id:kofunmeguri:20171105210650j:image

白山神社古墳/千葉県

文献

[1] 房総の古墳を歩く編集委員会 2006『房総の古墳を歩く 改訂版』芝山町立芝山古墳・はにわ博物館友の会

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村