週末は古墳巡り

古墳とは、およそ3世紀から7世紀に築かれた墳丘状の墓のこと。その数、およそ20万基

弘法寺古墳 市川市真間

江戸川左岸の台地上、弘法寺(ぐほうじ)の境内にある前方後円墳。全長43m。6世紀後半から7世紀前半の築造。台地の崩壊で現在は半壊状態になっている。

前方部から後方部。

f:id:kofunmeguri:20170603182920j:plain

後方部。

f:id:kofunmeguri:20170603184355j:image

前方部の崖側。 

f:id:kofunmeguri:20170603184538j:image

f:id:kofunmeguri:20170603184716j:image

富津磯石の石棺。来歴は不明。

f:id:kofunmeguri:20170603184823j:image

山門から参道の眺め。

f:id:kofunmeguri:20170603185018j:image

文献

[1] 房総の古墳を歩く編集委員会 2006『房総の古墳を歩く 改訂版』芝山町立芝山古墳・はにわ博物館友の会

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村