週末は古墳巡り

日本の古墳と煉瓦の共通点(なぜ、古墳めぐりのブログで煉瓦を取り上げるのかの言い訳) 古墳(特に前方後円墳)は3世紀半ばに誕生すると全国に広まるが、6世紀の仏教伝来で終わる。煉瓦は明治維新で始まり、関東大震災で終わる。終わりの美学。終わったのにまだ残っている。誰かが守らなければなくなる。

藤金富士塚 鶴ヶ島市藤金

田島ルーフィングの埼玉工場の隣にある藤金富士塚。1985年(昭和60年)の調査で古墳ではなく富士塚であることが判明している。

f:id:kofunmeguri:20191006183505j:image
f:id:kofunmeguri:20191006183510j:image
f:id:kofunmeguri:20191006183516j:image

この富士塚とは関係ないが、田島ルーフィングの小台工場の裏の塀がGoogle Mapのストリートビューで煉瓦塀に見えたので現地に行ったら、煉瓦ではなく煉瓦風の屋根材だった。自社製品か? 埼玉工場は煉瓦だった。

田島ルーフィング 埼玉工場

f:id:kofunmeguri:20191006184221j:plain

小台工場の塀

f:id:kofunmeguri:20191006184111j:image
f:id:kofunmeguri:20191006184119j:image

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村