週末は古墳巡り

古墳とは、およそ3世紀から7世紀に築かれた墳丘状の墓のこと。その数、およそ20万基。

東京毛織・大井工場跡 品川区大井

JR大井町駅近くの「ホテルルートイン品川大井町」横一帯に東京毛織の煉瓦造り工場の一部の古い煉瓦塀、土台の一部が残る。

f:id:kofunmeguri:20190524084551j:image
f:id:kofunmeguri:20190524084548j:image
f:id:kofunmeguri:20190524084544j:image

f:id:kofunmeguri:20190524084626j:image
f:id:kofunmeguri:20190524084628j:image
f:id:kofunmeguri:20190524084622j:image

煉瓦の刻印がないか再訪したので追加(6/11)。扇の形の刻印。2個の煉瓦で確認。

f:id:kofunmeguri:20190611084730j:image
f:id:kofunmeguri:20190611084726j:image

第一次世界大戦中の1917年(大正6年)に、東京・白金台に創業した「後藤毛織」を前身とする鈴木商店系の「東洋毛織」、東京・王子に創業した「東京製絨」、東京・南千住を拠点とした「東京毛織物」の3社が統合して新生・「東京毛織」が誕生。現在の大井町駅の東側の旧東京製絨・品川工場を、西側の旧東洋毛織・大井工場に集約して、東京毛織・大井工場となった。東京毛織・大井工場は、大井町駅西口前に煉瓦造りの広大な工場、倉庫群を備え、最盛期には2,000人もの女工さんが働いていた。大井工場は、その後、鐘紡に引き継がれたが1965年に閉鎖。日本は1964年の東京オリンピック終了後の1964年後半から1965年にかけて、証券不況、昭和40年不況、構造不況と呼ばれる不況に見舞われた。

f:id:kofunmeguri:20190524084732j:image

「平和の誓い」像 (大井町駅西口)
f:id:kofunmeguri:20190524084729j:image

大井町駅の東側にあった旧東京製絨・品川工場の跡地は立会尋常高等学校になった。現在の品川区立立会小学校は、大井公園内古墳がある大井公園脇の山内容堂の墓の隣にある。

⑪東京毛織・大井工場|東京|地域特集|鈴木商店のあゆみ|鈴木商店記念館

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村