週末は古墳巡り

古墳とは、およそ3世紀から7世紀に築かれた墳丘状の墓のこと。その数、およそ20万基。

大湯環状列石 鹿角市十和田大湯

大湯環状列石縄文時代後期(約4,000年前)の遺跡。遺跡の中心には万座・野中堂と呼ばれるふたつの環状列石があり、遺跡内からは様々なまつりや祈りに関わる遺構と遺物が発見されており、縄文時代の精神文化や社会構造を総合的に理解できる遺跡として重要視されている。

f:id:kofunmeguri:20180520182822j:plain

環状列石のレプリカ

f:id:kofunmeguri:20180520183004j:plain

万座遺跡

f:id:kofunmeguri:20180520183509j:plain

f:id:kofunmeguri:20180520183702j:plain

野中堂遺跡

f:id:kofunmeguri:20180520183840j:plain

f:id:kofunmeguri:20180520183910j:plain

黒又山(クロマンタ)、日本のピラミッド。1992年の調査で山体は溶岩が盛り上がってできた自然の構造物であることが判明したが、斜面には7段から10段ほどのテラス状の遺構も確認された。

f:id:kofunmeguri:20180520184921j:plain

十和田湖

f:id:kofunmeguri:20180520185101j:plain

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村