週末は古墳巡り

古墳とは、およそ3世紀から7世紀に築かれた墳丘状の墓のこと。その数、およそ20万基

十条富士塚 (再訪) 北区中十条

3年前に古墳巡りを始めた頃に訪れた十条富士塚。古墳を利用した富士塚とされる。日光御成道(旧岩槻街道都市計画道路補助第83号線)の拡幅工事が塚の手前まで迫っていると聞いて再訪した。

f:id:kofunmeguri:20200316192845j:image
f:id:kofunmeguri:20200316192824j:image
f:id:kofunmeguri:20200316192829j:image
f:id:kofunmeguri:20200316192852j:image
f:id:kofunmeguri:20200316192839j:image

今年7月の十条富士塚神社の大祭の後に石碑移設・除去工事。12月頃から文化財調査。その後に道路拡幅の分だけ敷地を削って富士塚を再整備(現状変更)するとのこと。今後も定期的にウォッチしたい。

f:id:kofunmeguri:20200316192834j:image

南東側の石段に鍰煉瓦が使われている。前回の訪問時には気がつかなかった。

f:id:kofunmeguri:20200316193058j:image
f:id:kofunmeguri:20200316193052j:image
f:id:kofunmeguri:20200316193044j:image

塚の頂の祠とスダジイ

f:id:kofunmeguri:20200316193130j:image
f:id:kofunmeguri:20200316193125j:image

最寄駅の東十条駅のホームは大谷石だった。

f:id:kofunmeguri:20200316193254j:image
f:id:kofunmeguri:20200316193300j:image

東十条に来たのは、草月の黒松(どら焼き)を買うのが目的だった。

f:id:kofunmeguri:20200317182534j:image

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

旧岩崎邸庭園 台東区池之端

文京区と台東区にかかるこの地は、三菱財閥を興した岩崎弥太郎の本邸であった。旧岩崎邸庭園は、2001年(平成13年)に都立庭園として開園。彌太郎の長男で三菱第3代社長の久彌の本邸として1896年(明治29年)に建てられた洋館、和館、撞球室の3棟が現存し、見学できる(現在は臨時休園中)。洋館と撞球室は英国建築家ジョサイア・コンドルの設計で、洋館は17世紀初頭の英国のジャコビアン様式を基調にし、ルネサンスイスラム風のモティーフなど複数の様式を折衷する。旧岩崎邸のかつての敷地は、西側の湯島合同庁舎、南側の湯島四郵便局や切通公園一帯を含んでいた。

f:id:kofunmeguri:20200327204507j:image
f:id:kofunmeguri:20200327204517j:image
f:id:kofunmeguri:20200327204513j:image
f:id:kofunmeguri:20200327204527j:image
f:id:kofunmeguri:20200327204522j:image
f:id:kofunmeguri:20200325191724j:plain
f:id:kofunmeguri:20200325191801j:plain

旧岩崎邸庭園|公園へ行こう!
旧岩崎邸庭園 | 上野の文化施設 | 上野文化の杜
台東区文化ガイドブック・旧岩崎邸庭園を訪ねる
文京区 旧岩崎邸庭園
vol.13 旧岩崎家茅町本邸 | 三菱グループサイト
旧岩崎邸庭園 | 三菱地所レジデンスの住まいのギャラリー【ザ・パークハウス】

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村