週末は古墳巡り

古墳とは、およそ3世紀から7世紀に築かれた墳丘状の墓のこと。その数、およそ15万基。

口明塚 川崎市高津区末長

東急田園都市線の梶ヶ谷駅の近くの川崎市上下水道局中部サービスセンターの敷地内にある口明塚(くちあけつか)。古墳(円墳)の周溝が見つかっているらしい。口明塚ということは横穴式石室が口を開けていたのか。西福寺古墳から北に徒歩8分。

f:id:kofunmeguri:20170428215427j:image

f:id:kofunmeguri:20170428215531j:image

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

西福寺古墳 川崎市高津区梶ヶ谷

標高約46mの台地上の縁辺部にある西福寺(さいふくじ)古墳。梶ヶ谷第三公園にある。円墳。径35m。高さ5.5m。5世紀後半から6世紀初頭の築造。埋葬施設が未調査。川崎市域では最も古い埴輪が樹立する古墳。埴輪を製作した窯跡は宮前区の白井坂窯跡。西福寺古墳は野川1号墳から北西に徒歩15分。

f:id:kofunmeguri:20170428212805j:image

f:id:kofunmeguri:20170428212827j:image

f:id:kofunmeguri:20170428212929j:image

f:id:kofunmeguri:20170428212950j:image

f:id:kofunmeguri:20170428213007j:image

f:id:kofunmeguri:20170428213028j:image

川崎市教育委員会:西福寺古墳

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

野川1号墳 川崎市宮前区野川

第三京浜道路のそばの矢上川を見下ろす丘陵の突端にある野川1号墳。円墳。径15m。高さ2.4m。子母口富士見台古墳から北西に徒歩25分。

f:id:kofunmeguri:20170428195804j:image

この先に矢上川が流れている。

f:id:kofunmeguri:20170428195848j:image 

子母口貝塚 川崎市高津区子母口

子母口(しぼぐち)貝塚は約7,000年前の縄文時代早期後半の貝塚で、多摩丘陵では最も古い。標高は約25m。子母口富士見台古墳から南東に徒歩5分。

f:id:kofunmeguri:20170428201933j:image

f:id:kofunmeguri:20170428202005j:image

f:id:kofunmeguri:20170428202215j:image

f:id:kofunmeguri:20170428202243j:image

f:id:kofunmeguri:20170428202510j:image

f:id:kofunmeguri:20170428202307j:image

川崎市教育委員会:子母口貝塚

川崎市教育委員会:子母口貝塚

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

子母口富士見台古墳 川崎市高津区子母口

富士見台古墳は、蟹ヶ谷古墳群から北東に徒歩18分、矢上川の対岸の子母口(しぼぐち)の高台にある。円墳。径17.5m。高さ3.7m。

f:id:kofunmeguri:20170428183008j:image

f:id:kofunmeguri:20170428183030j:plain

f:id:kofunmeguri:20170428182944j:plain

f:id:kofunmeguri:20170428183242j:image

f:id:kofunmeguri:20170428183536j:image

f:id:kofunmeguri:20170428183559j:image

f:id:kofunmeguri:20170428183628j:image

f:id:kofunmeguri:20170428183711j:image

古墳の南にある橘樹(たちばな)神社は、日本武尊(やまとたけるのみこと)と弟橘媛(おとたちばなひめ)を祀り、社伝によると、日本武尊東征の際、尊の身代りに海中に身を投じた弟橘媛の御衣・御冠が、この地に漂着したと伝えている。古事記では「かれ七日ありて後に、其の后の御櫛海辺によりたりき。すなわち、その櫛を取りて御陵を作りて治め置きき」と伝える。

f:id:kofunmeguri:20170428184837j:image

f:id:kofunmeguri:20170428184949j:image

f:id:kofunmeguri:20170428185016j:image

子母口は、野川にある古刹・影向寺(ようごうじ)周辺とともに、古代武蔵国橘樹郡郡衙(ぐんが)推定地として有力視されていた。2015年に「影向寺遺跡」の東に隣接する「橘樹郡衙跡」が橘樹官衙遺跡群として川崎市初の国史跡に指定された。

f:id:kofunmeguri:20170428185045j:image

f:id:kofunmeguri:20170428185153j:image

f:id:kofunmeguri:20170428185408j:image

f:id:kofunmeguri:20170428185709j:image

f:id:kofunmeguri:20170428214020j:image

f:id:kofunmeguri:20170428214319j:image

影向寺

f:id:kofunmeguri:20170428185503j:image

f:id:kofunmeguri:20170428185553j:image

第三京浜道路。4.7km北東の多摩川ICの近くには野毛大塚古墳がある。

f:id:kofunmeguri:20170428190052j:image

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

蟹ヶ谷古墳群 川崎市高津区蟹ヶ谷

鶴見川の支流の矢上川見下ろす丘陵の神庭特別緑地保全地区(神庭緑地)にある古墳時代後期、6世紀から7世紀ごろの古墳群。3基の円墳とされていたが、2012年の調査で1基(1号墳)は前方後円墳と確認された。川崎市で唯一の現存する前方後円墳。調査は2012年から2016年まで5回にわたり、川崎市教育委員会専修大学日本大学川崎市市民ミュージアムの合同チームで行われた。矢上川流域には梶ヶ谷古墳群、加瀬台古墳群がある。川崎駅西口の55番のバス乗り場から蟹ヶ谷行きの川崎市バス「川64」に乗車して、井川営業所前で下車。矢上川を渡ってからの登りがかなりきつい。

神庭緑地がある丘陵。

f:id:kofunmeguri:20170428230800j:image

矢上川。

f:id:kofunmeguri:20170428230832j:image

神庭緑地の南側の入り口。わかりづらい。

f:id:kofunmeguri:20170428171156j:image

f:id:kofunmeguri:20170428171225j:image

1号墳は北西に後円部がある前方後円墳。全長27m。後円部が削平されていて復元すれば30m以上。6世紀後半から末ごろの築造。草のせいか写真だと墳丘の形がほとんどわからない。後円部が削平されているためか、肉眼でも前方後円墳と認識するのは難しい。

後円部から。

f:id:kofunmeguri:20170428172120j:image

前方部から。

f:id:kofunmeguri:20170428172234j:image

f:id:kofunmeguri:20170428230917j:image

2号墳。円墳。径13m。6世紀末ないし7世紀初頭以降の築造。

f:id:kofunmeguri:20170428173453j:image

f:id:kofunmeguri:20170428173531j:image

f:id:kofunmeguri:20170428173558j:plain

3号墳。円墳。南北9m。東西11m。6世紀末ないし7世紀初頭以降の築造。

f:id:kofunmeguri:20170428171821j:image

f:id:kofunmeguri:20170428170918j:image

f:id:kofunmeguri:20170428171655j:image

パノラマ。右から、3号墳、1号墳、2号墳。

f:id:kofunmeguri:20170428174218j:image

http://www.city.kawasaki.jp/880/cmsfiles/contents/0000075/75201/kanigaya2016030502.pdf

北側からの眺望。

f:id:kofunmeguri:20170428174543j:image

f:id:kofunmeguri:20170428174613j:image

北側から下山。立派なタケノコ。

f:id:kofunmeguri:20170428174741j:image

北側の登り口。こちらもわかりづらい。

f:id:kofunmeguri:20170428174847j:image

f:id:kofunmeguri:20170428174914j:image

コンビニの右の道を入ると登り口。

f:id:kofunmeguri:20170428175017j:image

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

猿楽塚 渋谷区猿楽町

猿楽塚(さるがくづか)は北塚と南塚の2基の円墳。2つの古墳の間に区界があり、主墳の北塚が渋谷区猿楽町に、副墳の南塚が目黒区青葉台1丁目にある。北塚は墳頂に猿楽神社が祀られている。径20m。高さ5m。6世紀から7世紀の築造。東急東横線代官山駅から西に徒歩4分。

f:id:kofunmeguri:20170430180356j:image

f:id:kofunmeguri:20170430180530j:image

f:id:kofunmeguri:20170430180736j:image

f:id:kofunmeguri:20170430180825j:image

f:id:kofunmeguri:20170430180924j:image

f:id:kofunmeguri:20170430181235j:image

f:id:kofunmeguri:20170430181250j:image

f:id:kofunmeguri:20170430181316j:image

南塚は旧朝倉家住宅の庭園の奥の出口門を出て左の立入禁止のエリアにある。出口門を出て右に行けば北塚に至る。

f:id:kofunmeguri:20170430181544j:image

柵の向こう側に南塚がある。

f:id:kofunmeguri:20170430181613j:image

f:id:kofunmeguri:20170430182119j:image

f:id:kofunmeguri:20170430182140j:image

f:id:kofunmeguri:20170430205233j:image

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村