週末は古墳巡り

古墳とは、およそ3世紀から7世紀に築かれた墳丘状の墓のこと。その数、およそ15万基。

東古墳群 つくば市吉瀬

桜川右岸の標高20mの吉瀬台地の南端にある鹿島神社の西に東古墳群の1号墳がある。近くに2号墳もあったようだが気づかず。

鹿島神社

f:id:kofunmeguri:20180314211712j:image

1号墳。東から。

f:id:kofunmeguri:20180314211842j:image

北東から。

f:id:kofunmeguri:20180314212005j:image

西から。

f:id:kofunmeguri:20180314212059j:image

墳頂の大日如来石佛が祀られている。

f:id:kofunmeguri:20180314212518j:image

f:id:kofunmeguri:20180314212255j:image

1987年につくば市に合併した新治郡桜村の教育委員会が設置した説明板。

f:id:kofunmeguri:20180314212806j:image

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

稲荷塚古墳 つくば市稲荷前

赤塚公園の南の稲荷塚古墳。稲荷神社が鎮座する。詳細は不明。

f:id:kofunmeguri:20180311220710j:image

f:id:kofunmeguri:20180311220740j:image

f:id:kofunmeguri:20180311220825j:image

f:id:kofunmeguri:20180311220852j:image

f:id:kofunmeguri:20180311220928j:image

f:id:kofunmeguri:20180311221024j:image

f:id:kofunmeguri:20180311221043j:image

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

鹿島神社裏古墳 つくば市赤塚

常磐自動車道のつくばJCTの北の鹿島神社の社殿の裏のシイの神木の根元にある円墳。赤塚駒形古墳群。

f:id:kofunmeguri:20180311212505j:image

f:id:kofunmeguri:20180311212606j:image

f:id:kofunmeguri:20180311215919j:image

f:id:kofunmeguri:20180311212638j:image

f:id:kofunmeguri:20180311212700j:image

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

お茶の水貝塚 文京区湯島

1952年に地下鉄丸ノ内線御茶ノ水駅の工事の際に貝塚が発見された。東京医科歯科大学のキャンパスに記念碑があるが近寄れない。

f:id:kofunmeguri:20180204223234j:image

f:id:kofunmeguri:20180204223432j:image

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

諏訪山37号墳(大塚古墳) 東松山市西本宿

諏訪山36号墳の北西の西本宿不燃物等埋立地の北西の台地の縁にある諏訪山37号墳。別名、大塚古墳。円墳。径25.2m。

f:id:kofunmeguri:20180413215602j:image

f:id:kofunmeguri:20180413215708j:image

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

諏訪山35号墳(諏訪山古墳) 東松山市高坂

諏訪山古墳群の中で最大規模の35号墳。別名、諏訪山古墳。前方後円墳。全長68m。雑木林の中にあり、墳形はわかりにくいが、後円部はかなり高く、それに比べ前方部は低く、古式古墳の特徴を示す。形態は白山古墳(川崎市)、観音山古墳(横浜市)などに類似する。

北西から。後円部。

f:id:kofunmeguri:20180413214440j:image

北東から。左が前方部、右が後円部。

f:id:kofunmeguri:20180413211214j:image

後円部。

f:id:kofunmeguri:20180413211858j:image

くびれ部。

f:id:kofunmeguri:20180413211425j:image

前方部。

f:id:kofunmeguri:20180413211648j:image

くびれ部の墳頂から後円部。

f:id:kofunmeguri:20180413212120j:image

くびれ部の墳頂から前方部。

f:id:kofunmeguri:20180413212338j:image

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

諏訪山29号墳 東松山市高坂

老人福祉センターすわやまの駐車場の裏の林の中にある諏訪山29号墳。前方後方墳。全長53m(推定)。後方部長29m、後方部高さ3.6m、前方部高さ1.6m。4世紀前葉末の築造。比企地方における出現期の古墳。日本セメントの引込線の敷設工事による削平やその後の崩壊で主軸に沿って南側しか残っていない。南東側すぐ近くに諏訪山古墳(諏訪山35号墳)がある。諏訪山29号墳は諏訪山古墳と主軸方向が共通し、諏訪山古墳の後円部に諏訪山29号墳の前方部が接する。諏訪山29号墳は諏訪山古墳に先行して築造された。1984年の調査報告が「埼玉県古式古墳調査報告書」(1986, 埼玉県史編さん室)に収録されている。

f:id:kofunmeguri:20180413214338j:image

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村