週末は古墳巡り

古墳とは、およそ3世紀から7世紀に築かれた墳丘状の墓のこと。その数、およそ20万基。

くまん塚 戸田市本町

埼玉県戸田市にまだ現存する古墳があるらしいと知り訪れた。その古墳は、本村古墳群のくまん塚。文献[1]によると「現在は、開墾されて原形をとどめていないが、わずかに墳丘と横穴式石室に使用されたと思われる石材が残っている。出土した年月は不詳であるが、大刀ニが熊木家に保存されている」「平成11年(1999)」に行われた上戸田本村遺跡の調査で「くまん塚」の周溝の一部が発掘され、形象埴輪(人物・馬)が出土している」、文献[2]によると「6世紀後半から末葉頃に造られた円墳」とのこと。

情報収集を兼ねて戸田市立郷土博物館を訪れた。南原遺跡の南原古墳群の資料が充実していた。事務所で第32回特別展の図録(文献[2])を購入。

f:id:kofunmeguri:20201107171524j:image
f:id:kofunmeguri:20201107171515j:image
f:id:kofunmeguri:20201107171519j:image
f:id:kofunmeguri:20201107182241j:image

古墳横穴及同時代遺跡探訪記録帳: 上戸田くまん塚古墳」の2007年の記事を頼りに「くまん塚」と思われる地点を訪れた。「地主の方が畑地で作業中」という僥倖は得られなかった。木立は伐採されたのだろうか?藪で「僅かな盛り上がり」や「石室材と思われる石材」を見つけることはできなかった。「石質は凝灰岩っぽい雰囲気で、この石には小穴がぼこぼこと開いていた」ということは房州磯石か?季節を考えて再訪したい。

f:id:kofunmeguri:20201107170557j:image
f:id:kofunmeguri:20201107170604j:image
f:id:kofunmeguri:20201107170608j:image
f:id:kofunmeguri:20201107170550j:image
f:id:kofunmeguri:20201107170601j:image

近くの鍛冶谷・新田口遺跡(新田口公園)にも足をのばした。

f:id:kofunmeguri:20201107174433j:image
f:id:kofunmeguri:20201107174429j:image

戸田漕艇場のすぐ北に南原古墳群は分布する。

f:id:kofunmeguri:20201108182041j:image

あなたの足元に眠る文化財 〜戸田に暮らした古代の人々〜 戸田市立郷土資料館

上戸田本町遺跡について調べるには 戸田市立図書館 2019年5月5日

くまん塚古墳/本村古墳群【埼玉県戸田市】〜古墳の森探検日誌〜

戸田市くまん塚古墳石室材。 by Toyofusa (cult666) on Mobypicture

生涯学習課文化財ゆるキャラ - 戸田市公式サイト

市指定文化財(南原遺跡1号古墳男子埴輪) - 戸田市公式サイト

県選定重要遺跡(鍛冶谷・新田口遺跡) - 戸田市公式サイト

文献

[1] 塩野博 2004「埼玉の古墳 北足立・入間」さきたま出版会

[2] 戸田市立郷土博物館 2016「埴輪が語る戸田市古墳時代

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村