週末は古墳巡り

古墳とは、およそ3世紀から7世紀に築かれた墳丘状の墓のこと。その数、およそ20万基

鶴山古墳 太田市鳥山上町

鶴山古墳は、金山丘陵の西側に広がる大間々扇状地末端の低台地上に造られた前方後円墳。全長約95m。5世紀後半ごろの築造。前方部はわかりづらいが南東を向く。後円部に縦穴式石室。

南から。右斜め手前が前方部。

f:id:kofunmeguri:20191110202459j:image
f:id:kofunmeguri:20191110202517j:image
f:id:kofunmeguri:20191110202453j:image

後円部の墳丘上から。
f:id:kofunmeguri:20191110202441j:image
f:id:kofunmeguri:20191110202523j:image

西から。
f:id:kofunmeguri:20191110202529j:image

北西から。
f:id:kofunmeguri:20191110202436j:image

北東から。左が前方部。
f:id:kofunmeguri:20191110202431j:image

東から。
f:id:kofunmeguri:20191110202446j:image

文化財境界」の標石。前方部がこの辺りまで伸びていたようだ。
f:id:kofunmeguri:20191110202511j:image

太田市|鶴山古墳

太田市の古墳パンフレット

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村