週末は古墳巡り

古墳とは、およそ3世紀から7世紀に築かれた墳丘状の墓のこと。その数、およそ20万基。

谷根千 煉瓦巡り(17) 旧都電停留場 台東区池之端

不忍通り池之端2丁目交差点の手前の池之端児童園に都電車両「都電7500形(7506号車)」が展示されている。

f:id:kofunmeguri:20190614073650j:image
f:id:kofunmeguri:20190614073643j:image
f:id:kofunmeguri:20190614073647j:image

f:id:kofunmeguri:20190614073803j:image
f:id:kofunmeguri:20190614073800j:image

かつて東京の都心部には都電が縦横に走っていた。都電(路面電車)は自動車との競争に敗れ、現在は荒川線のみ営業している。荒川線が残ったのは、競争原理が弱肉強食ではなく適者生存であることがわかる。荒川線は86%が専用軌道で自動車との競争にさらされなかった。地域の高齢者と通学客の足として利用者のニーズにあっていたのが存続できた理由であろう。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村