週末は古墳巡り

古墳とは、およそ3世紀から7世紀に築かれた墳丘状の墓のこと。その数、およそ20万基。

美濃輪台遺跡 市川市本北方

美濃輪台遺跡は、U字状の台地の上の縄文時代早期の遺跡。A地点から縄文時代早期末葉の貝塚が、B地点は貝塚はなかったが、両地点から合計5か所の炉穴(ファイアーピット)が見つかった。炉穴は、土器を使って煮炊きなどをする野外に作られた調理施設。竪穴式住居の中に炉が作られるようになるとなくなる。1938年に飛ノ台貝塚で名付けられた。

美濃輪台公園(B地点)

f:id:kofunmeguri:20190224192947j:image

f:id:kofunmeguri:20190224193136j:image

f:id:kofunmeguri:20190224193202j:image

台地の下から(B地点)

f:id:kofunmeguri:20190224202433j:image

こちらがA地点?

f:id:kofunmeguri:20190224202545j:image

区画整理記念之碑

f:id:kofunmeguri:20190224202646j:image

美濃輪台遺跡

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村