週末は古墳巡り

古墳とは、およそ3世紀から7世紀に築かれた墳丘状の墓のこと。その数、およそ20万基

飛田給古墳群 調布市飛田給

飛田給(とびたきゅう)古墳群は飛田給1号墳から5号墳、桜塚1号墳から15号墳で構成されるが、墳丘が現存するのは桜塚1号墳と桜塚10号墳の2基のみ。

桜塚1号墳。1994年12月に多摩地区所在古墳確認調査団が測量調査した。文献[1]によると「円墳。裾が大きく削平されている。墳丘に祠が祀られている。東西13m、南北12m。高さ2m。」とされる。

北西から。墳丘の祠。

f:id:kofunmeguri:20181210212537j:image

南東から。

f:id:kofunmeguri:20181210212613j:image

桜塚10号墳。文献[2]によると「7世紀代の築造。石室の一部を確認。墳丘の盛り上がりがわずかに残る」とされる。

f:id:kofunmeguri:20181210212935j:image

文献

[1] 多摩地区所在古墳確認調査団 1995『多摩地区所在古墳 確認調査報告書』

[2] 調布市郷土博物館 2003『下布田古墳群の調査』

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村