週末は古墳巡り

古墳とは、およそ3世紀から7世紀に築かれた墳丘状の墓のこと。その数、およそ20万基。

三島神社古墳 鴻巣市明用

べったら塚古墳から北西に徒歩20分、荒川左岸の自然堤防の上にある三嶋神社古墳。前方後円墳。全長55m。後円部径30m。墳丘上に三島神社を祀る。

f:id:kofunmeguri:20180924074307j:image
f:id:kofunmeguri:20180924074256j:image

説明板には「墳丘主軸をほぼ南北に置き、北側が後円部、南側が前方部と考えられる。」と書かれているが、前方部を北東に向け、後円部に三島神社を祀っていると思われると現地では考えたが、前方後円墳集成を見ると、「方位はほぼ南西」「後円部は神社の社殿などで削平」と書いてあるので、南西にあたる前方部に社殿があり、北東に後円部があると考えるべきかと思い直した。
f:id:kofunmeguri:20180924074251j:image
f:id:kofunmeguri:20180924074319j:image

石室に使われたと思われる石材。
f:id:kofunmeguri:20180924074314j:image
f:id:kofunmeguri:20180924074302j:image

後円部から前方部?

f:id:kofunmeguri:20180924080726j:image

前方部の墳頂?
f:id:kofunmeguri:20180924080719j:image

前方部から後円部?
f:id:kofunmeguri:20180924080733j:image

文献

[1] 近藤義郎 1994『前方後円墳集成 東北・関東編』山川出版社

[2] 宮川進 1997「さいたま古墳めぐり」さきたま出版会

[3] 塩野博 2004「埼玉の古墳 北足立・入間」さきたま出版会

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村