週末は古墳巡り

古墳とは、およそ3世紀から7世紀に築かれた墳丘状の墓のこと。その数、およそ20万基。

愛宕塚古墳 下野市国分寺

吾妻古墳の南、国分寺愛宕神社の社殿の裏側にある国分寺愛宕塚古墳。前方後円墳。全長78.5m、周溝を含めた全長は101m。二段築成。6世紀終わり頃の築造。

南側のくびれ部に国分寺愛宕神社の社殿があり、一部が削られている。

f:id:kofunmeguri:20180912205500j:image
f:id:kofunmeguri:20180912205652j:image

社殿の右奥が後円部。

f:id:kofunmeguri:20180912205908j:image

北東から後円部。

f:id:kofunmeguri:20180912210044j:image

後円部の墳頂から前方部。くびれ部に祠を祀る。
f:id:kofunmeguri:20180912210051j:image

くびれ部の墳丘の上から南側の社殿裏を見下す。
f:id:kofunmeguri:20180912210037j:image

南西から前方部と社殿。

f:id:kofunmeguri:20180912210234j:image
f:id:kofunmeguri:20180912205455j:image
f:id:kofunmeguri:20180912205446j:image

周辺の古墳の築造順は摩利支天塚古墳→琵琶塚古墳→吾妻古墳→甲塚古墳→国分寺愛宕塚古墳→山王塚古墳→丸塚古墳と推定される。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村