週末は古墳巡り

古墳とは、およそ3世紀から7世紀に築かれた墳丘状の墓のこと。その数、およそ20万基。

目沼浅間塚古墳 北葛飾郡杉戸町目沼

久しぶりに涼しさが戻って来たので古墳巡り。江戸川右岸の宝珠花台地に、かつては20数基で形成していた目沼古墳群。今は目沼浅間塚古墳(目沼10号墳)が1基のみ残る。1991年の調査で全長46mを超える前方後円墳(帆立貝形古墳)で後円部径30.4m、高さ5mとされた。6世紀の築造。現況は径28m、高さ2mの円墳状。くびれ部から円筒埴輪棺が見つかっている。

北から。

f:id:kofunmeguri:20180818181104j:image

東から。

f:id:kofunmeguri:20180818181617j:image

南から。

f:id:kofunmeguri:20180818181710j:image

f:id:kofunmeguri:20180818181737j:image

目沼9号墳出土資料(馬具)とパネル写真。さきたま史跡の博物館の企画展「埼玉の古墳 3」(2018/9/15〜11/14)で展示。

f:id:kofunmeguri:20180926075254j:plain

f:id:kofunmeguri:20180926075327j:plain

杉戸町ホームページ

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村