週末は古墳巡り

日本の古墳と煉瓦の共通点(なぜ、古墳めぐりのブログで煉瓦を取り上げるのかの言い訳) 古墳(特に前方後円墳)は3世紀半ばに誕生すると全国に広まるが、6世紀の仏教伝来で終わる。煉瓦は明治維新で始まり、関東大震災で終わる。終わりの美学。終わったのにまだ残っている。誰かが守らなければなくなる。

上高津貝塚 土浦市上高津

上高津貝塚は約4,000年~3,000年前の縄文時代後・晩期の遺跡で、当時入り江だった霞ヶ浦から得られた豊富な魚貝類や塩、周辺の動植物などを取って生活していたムラのあと。今はのどかな芝生の公園。

f:id:kofunmeguri:20180413235701j:image

貝層断面展示施設

f:id:kofunmeguri:20180413235942j:image

f:id:kofunmeguri:20180414000047j:image

f:id:kofunmeguri:20180414000217j:image

f:id:kofunmeguri:20180414000310j:image

f:id:kofunmeguri:20180414000512j:image

f:id:kofunmeguri:20180414000623j:image

B地点貝層

f:id:kofunmeguri:20180414000819j:image

C地点。縄文時代の縦穴式住居3軒、墓壙3基、廃棄土坑(ごみあな)1基を復元。

f:id:kofunmeguri:20180414001420j:image

墓壙

f:id:kofunmeguri:20180414001656j:image

廃棄土坑

f:id:kofunmeguri:20180414001523j:image

E地点。掘立柱建物。手前は大型炉。

f:id:kofunmeguri:20180414001830j:image

f:id:kofunmeguri:20180414002054j:image

f:id:kofunmeguri:20180414002143j:image

上高津貝塚ふるさと歴史の広場の概要 | 土浦市公式ホームページ

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村