週末は古墳巡り

日本の古墳と煉瓦の共通点(なぜ、古墳めぐりのブログで煉瓦を取り上げるのかの言い訳) 古墳(特に前方後円墳)は3世紀半ばに誕生すると全国に広まるが、6世紀の仏教伝来で終わる。煉瓦は明治維新で始まり、関東大震災で終わる。終わりの美学。終わったのにまだ残っている。誰かが守らなければなくなる。

府中市指定文化財

御嶽塚古墳 府中市西府町

JR南武線分倍河原駅から1駅隣の西府駅南口駅前にある御嶽塚古墳。円墳。径25m。 御嶽塚古墳群で墳丘が残っているのは御嶽塚古墳のみ。他の古墳は発掘調査で周溝が検出した。御嶽塚16号墳から出土した円筒埴輪は府中市郷土の森博物館と武蔵府中熊野神社古墳展…

高倉塚古墳 府中市分梅町

京王線分倍河原駅の西側に広がる立川段丘緩斜面一帯に位置する高倉古墳群で現存する4基の古墳の内の一つ高倉塚古墳。分倍河原駅から西に徒歩5分。JR南武線の南側にある。1994年に墳丘測量が実施され、墳丘の径は東西が約22m、南北が約16m、高さ約2〜2.5mで、…