週末は古墳巡り

古墳とは、およそ3世紀から7世紀に築かれた墳丘状の墓のこと。その数、およそ20万基。

埼玉県指定史跡

権現山古墳群 ふじみ野市滝

権現山古墳群は、新河岸川を臨む標高16mの武蔵野台地の縁に位置し、滝地区の古墳時代前期の集落を見下ろすように前方後方墳1基と方墳11基が築かれた。 2号墳。前方部後方墳。全長32m。3世紀後半の築造。周溝から焼成後の底部穿孔壺形土器と焼成前底部穿孔壺…

滝の城横穴墓群 所沢市市城

滝の城横穴墓群は、柳瀬川左岸の崖に列を成して存在し、現在までに9基が確認されている。 滝の城の本丸跡に城山神社を祀る。 1976年、滝の城跡の土塁の保護工事で斜面を掘削したところ、人骨と金環が出土。調査を中断して発掘調査が行われた。 所沢市立埋蔵…

鷺山古墳 本庄市児玉町下浅見

児玉地域の生野山と早稲田大学本庄高等学院がある大久保山の間にある小さな丘の上に造営された鷺山古墳。古墳時代前期の前方後方墳。全長60m超、後方部は一辺37m、高さ5.4m、前方部は低い撥型で最大幅は30m。くびれ部の西側の周溝から焼成前底部穿孔の二重口…

真名板高山古墳 行田市真名板

さきたま古墳公園の東に4kmにある真名板高山古墳。東西に主軸を持つ前方後円墳で、前方部には浅間社を祀る。現存の墳丘の大きさは、全長90.5m、前方部の高さ7.3m、最大幅50m、後円部の高さ5.4m、直径40m。西に前方部を向ける。 埼玉県道32号鴻巣羽生線から看…

馬室埴輪窯跡 鴻巣市原馬室

馬室(まむろ)埴輪窯跡は古墳時代後期の遺跡で、10基以上の埴輪窯跡が確認されている。台地上には埴輪工人の集落跡も見つかっている。 にほんブログ村

とうかん山古墳 熊谷市箕輪

とうかん山古墳は甲山古墳から北に2Kmの県道257号線沿いにある。前方後円墳。全長74m。6世紀中頃の築造。 とうかん山古墳:熊谷市ホームページ にほんブログ村

甲山古墳 熊谷市冑山

甲山(かぶとやま)古墳は、全長90m、高さ11.25m、2段築成の大型の円墳。埼玉(さきたま)古墳群の丸墓山古墳に次いで県内2位の規模。6世紀前半の築造。 甲山古墳:熊谷市ホームページ にほんブログ村

黒岩横穴墓群 比企郡吉見町黒岩

八丁湖を囲む谷の斜面に分布する黒岩横穴墓群。古墳時代後期から終末期に造られたと考えられるが詳細は不明。総数は500基以上と推定される。このうち確認されているのは30数基。規模、保存状態ともに吉見百穴を超える。 吉見町役場 黒岩横穴墓群 にほんブロ…

地蔵塚古墳 行田市藤原町

若小玉古墳群で墳丘が残る地蔵塚古墳。方墳。一辺28m。7世紀中葉頃の築造。北武蔵で唯一、線刻画が描かれた石室をもつ。 墳頂。 行田市教育委員会/地蔵塚古墳 にほんブログ村

八幡山古墳石室 行田市藤原町

八幡山古墳は若小玉古墳群の中心となる古墳で、径80mの大型の円墳。7世紀前半の築造。1934年に小針沼埋立てで墳丘が削平され、石室が見つかった。前・中・後室の3室からなる全長16.7mの巨大な石室。「関東の石舞台」と呼ばれる。 後室の入口。 後室の奥壁。 …

野本将軍塚古墳 東松山市下野本

南に都幾川を望む台地の縁辺に位置する野本古墳群の1号墳、別名、野本将軍塚古墳。前方後方墳。2017年春に実施された市教育委員会と早稲田大などの合同調査(地中レーダー探査やドローンを使った撮影データなどを駆使して古墳の形状や墳丘内の埋葬施設などを…

栄光院貝塚 松伏町築比地

江戸川右岸の栄光院を取り囲むように馬蹄形に縄文時代後期の貝塚が分布している。 にほんブログ村

熊野神社古墳 桶川市川田谷

桶川市川田谷の川田谷古墳群に属す熊野神社古墳。円墳。径38m、高さ6〜6.5m。4世紀後半の築造。1984年の調査報告が「埼玉県古式古墳調査報告書」(1986, 埼玉県史編さん室)に収録されている。 出土した碧玉製石釧、碧玉製巴形石製品、碧玉製筒形石製品。さき…

天王山塚古墳 久喜市菖蒲町

天王山塚古墳は久喜市菖蒲町の栢間(かやま)古墳群に属する前方後円墳。全長107m。 にほんブログ村

小貝戸貝塚 伊奈町小室

足立板東三十三番札所五番寺の清光寺小室観音の裏にある小貝戸貝塚。縄文時代前期の貝塚。 にほんブログ村

綾瀬貝塚 蓮田市貝塚

綾瀬貝塚は元荒川右岸でもっとも奥に位置する貝塚。縄文時代前期。貝類はヤマトシジミ主体。 にほんブログ村

馬場小室山遺跡 さいたま市緑区馬場

埼玉県を代表する縄文遺跡。縄文時代中期から晩期の集落跡。遺跡のあった場所は里山で、深い雑木林で、近代に至るまでほぼ手付かずの状態で縄文時代の遺跡として残っていた。遺跡遺構の東側部分(約4,000m²)が2005年3月、さいたま市指定文化財史跡に指定され…

新郷貝塚 川口市東貝塚

埼玉県を代表する縄文時代後期・晩期の貝塚遺跡。 A地点 B地点 C地点 D地点 足元には貝殻の破片 川口の文化財‐新郷貝塚 にほんブログ村

柊塚古墳 (再訪) 朝霞市岡

古墳巡りを始めた時に訪れた柊塚古墳を再訪。 前方部。 墳丘に石段がある。 立ち入れない。 古墳のある台地からの眺め。 道路から。 にほんブログ村

方墳大塚古墳 さいたま市西区指扇

JR川越線の西大宮駅から線路沿い東に徒歩6分。踏切から北に50m。国道16号線(西大宮バイパス)の大塚古墳の交差点から南に100mのところにある古墳。方墳。底辺21x25m。高さ4m。調査がされていないので詳細不明。 南から。 北東から。 北から。 東から。 さいた…

柊塚古墳 朝霞市

今週は埼玉県朝霞市の柊塚(ひいらぎづか)古墳を訪れた。柊塚古墳は黒目川を望む、武蔵野台地の東端に位置する前方後円墳で、6世紀中葉の築造。標高は21m。全長72m、後円部の高さ8m、前方部の長さ18m、周濠の幅6から15m。後円部に埋葬施設が2基あり、後円部の…