週末は古墳巡り

古墳とは、およそ3世紀から7世紀に築かれた墳丘状の墓のこと。その数、およそ15万基。

東高根森林公園 川崎市宮前区神木本町

川崎市北部の多摩丘陵の東端、多摩川とその支流の平瀬川に囲まれた、かつての里山を1978年に神奈川県立の森林公園として開設した。面積は10.6ha(106,000m²)。公園北部(古代芝生公園)で、弥生・古墳時代(推定3〜6世紀頃)の竪穴式住居跡が約60軒、ドングリなどの食糧貯蔵穴跡、貝塚などが発見された。また遺跡周囲にはシラカシ林(推定樹齢150〜200年)が自然林に近い形で残っており、これが学術的にも非常に価値の高い植物群落であると判明した。1971年に東高根遺跡(1.6ha)が県の史跡に、東高根のシラカシ林(2.8ha)が県の天然記念物に指定された。

f:id:kofunmeguri:20170506095154j:image

川崎市:神奈川県立東高根森林公園

県立 東高根森林公園 (横浜緑地株式会社)

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村