週末は古墳巡り

古墳とは、およそ3世紀から7世紀に築かれた墳丘状の墓のこと。その数、およそ15万基。

菩提横手遺跡 見学会(6/10) 秦野市菩提

菩提横手(ぼだいよこて)遺跡の見学会に参加した。小田急渋沢駅から神奈川中央交通バス「秦51」で菩提で下車、徒歩6分。新東名高速道路建設事業に伴う発掘調査。古墳時代後期の円墳が3基発見された。1号墳は径16.4m、周溝の幅2.5m、2号墳は径8.8m、周溝の幅2.7m、3号墳は径12.2m、周溝の幅2.7m。南側に開口部を持つ横穴式の石室と遺物が発見された。1号墳の石室からは直刀、管玉、切子玉、ガラス玉、2号墳の石室からは直刀3振、刀子、鉄鏃、3号墳から小刀が見つかった。直刀や鉄鏃は取り上げたばかりで、石室の床にはまだサビ跡が残っていた。

撮影した写真はSNSにあげないでとのことだっので写真は外から撮影した1枚。左から1号墳、2号墳、3号墳。

f:id:kofunmeguri:20170611125059j:plain

f:id:kofunmeguri:20170611125209j:image

すぐそばが丹沢の山並み。

f:id:kofunmeguri:20170611125319j:image

【2017年6月10日開催】秦野市「菩提横手遺跡」見学会 | 公益財団法人 かながわ考古学財団

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村