週末は古墳巡り

古墳とは、およそ3世紀から7世紀に築かれた墳丘状の墓のこと。その数、およそ15万基。

稲荷塚古墳 川崎市高津区下作延

下作延(しもつくりのべ)の緑ヶ丘霊園内にある古墳。円墳。径23.5m。高さ2.9m。出土した馬形埴輪が川崎市市民ミュージアムに展示されている。この埴輪は埼玉県鴻巣市の生出塚(おいねづか)埴輪窯で作られたもの。出土した埴輪から6世紀後半の築造。墳丘には稲荷大明神が祀られている。上作延南原古墳から北に徒歩12分。生出塚埴輪窯で作られた埴輪は赤羽台4号墳からも出土しており、飛鳥山博物館で見学した。

f:id:kofunmeguri:20170505203452j:image

f:id:kofunmeguri:20170505203601j:image

f:id:kofunmeguri:20170505203737j:image

f:id:kofunmeguri:20170505204130j:image

f:id:kofunmeguri:20170505204307j:image

f:id:kofunmeguri:20170505211209j:image

f:id:kofunmeguri:20170505211240j:image

参考文献
浜田伸介 1992 「川崎の埴輪」「川崎市市民ミュージアム紀要」第4集、川崎市市民ミュージアム

持田春吉・村田文夫 1993「久地伊屋之免古墳と虚空蔵山古墳」「考古論叢 神奈河」2、神奈川県考古学会

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村