週末は古墳巡り

古墳とは、およそ3世紀から7世紀に築かれた墳丘状の墓のこと。その数、およそ15万基。

白山古墳と第六天古墳 川崎市北加瀬

白山(はくさん)古墳は4世紀後半頃に築かれた武蔵国でも最も古い大形の前方後円墳。全長87m。1937年に発掘調査され、遺体を安置した主体部からは鏡類・玉類・鉄器類など多量の副葬品が発見された。多摩川流域では唯一の「初期」の三角縁神獣鏡が出土している。三角縁神獣鏡慶應大学が所蔵。この三角縁神獣鏡京都府椿井大塚山古墳と同笵鏡で畿内との結びつきが強い古墳と言える。この同笵鏡は山口県竹島古墳、福岡県神蔵古墳から出土している。初期の三角縁神獣鏡平塚市の真土大塚山古墳からも出土している。

第六天古墳は7世紀後半に白山古墳の西隣に築造された円墳。直径19m。1937年の発掘調査では、横穴式石室から勾玉や金銅製鈴などの副葬品とともに11体もの遺骸が発見された。

白山古墳と第六天古墳は1942年に土取り工事のため消滅。

f:id:kofunmeguri:20170405222031j:image

f:id:kofunmeguri:20170405222115j:image

f:id:kofunmeguri:20170405222155j:image

f:id:kofunmeguri:20170405222229j:image

f:id:kofunmeguri:20170405222250j:image

f:id:kofunmeguri:20170405222332j:image

川崎市幸区:加瀬山

川崎市教育委員会:夢見ヶ崎(古墳群)

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村