週末は古墳巡り

古墳とは、およそ3世紀から7世紀に築かれた墳丘状の墓のこと。その数、およそ15万基。

塚越古墳 川崎市幸区塚越

川崎市幸区塚越に所在する塚越古墳は「塚越」という地名の由来になったとされる古墳。円墳。直径18m。高さ3.2m。川崎駅西口の55番のバス乗り場から蟹ヶ谷行きの川崎市バス「川64」に乗車して、塚越バス停で下車。徒歩7分。塚越には川63、川66、川67でも行ける。

塚越村は其の名の起る處を按に、村内に古塚ありて其邊を塚の越といへり、此塚あるより起こりし地名なることしらる

『新編武蔵風土記稿』

2013年3月に川崎市教育委員会が調査した結果、古墳の周囲に掘られた溝や埴輪の破片が発見され、古墳であることが確認された。

f:id:kofunmeguri:20170405191659j:plain

f:id:kofunmeguri:20170405192210j:image

f:id:kofunmeguri:20170405192347j:image

f:id:kofunmeguri:20170405192430j:image

2014年10月に開催された現地説明会について報じた全国賃貸住宅新聞の記事:

http://www.jinushi.gr.jp/about/pdf/2014_1201.pdf

200m南にある御嶽神社

f:id:kofunmeguri:20170405192719j:image

f:id:kofunmeguri:20170405192815j:image

東明寺の参道。

f:id:kofunmeguri:20170405193902j:image

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村