読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週末は古墳巡り

古墳とは、およそ3世紀から7世紀に築かれた墳丘状の墓のこと。その数、およそ15万基。

摺鉢山古墳 上野恩賜公園

武蔵野台地末端の舌状台地「上野台」に位置する摺鉢山(すりばちやま)古墳。別名、天神山古墳、前方後円墳。残存長70m、後円部径43m、前方部幅は最大部で23m、後円部の道路との比高は5m。標高23m。上野駅公園口改札を出ると目の前に見える東京文化会館の裏の正岡子規記念球場の隣にある。上野公園内には、他にもいくつかの円墳が存在したらしいが、現存するのは、この摺鉢山だけである。[Google マップ]

 南から見た古墳。 左手が前方部らしい。f:id:kofunmeguri:20170306212914j:plain

北東から見た古墳。摺鉢を伏せた形に見える。f:id:kofunmeguri:20170306213359j:plain

階段の脇に台東区教育委員会による説明板がある。 f:id:kofunmeguri:20170306213644j:plain

墳頂は大きく削られて広場になっている。 f:id:kofunmeguri:20170306222210j:plain