週末は古墳巡り

古墳とは、およそ3世紀から7世紀に築かれた墳丘状の墓のこと。その数、およそ15万基。

国指定史跡

キトラ古墳壁画 一般公開(9/23-10/23)

明日香村のキトラ古墳壁画体験館「四神の館」で、キトラ古墳の壁画のうち、四神の一つ「白虎」が描かれた西壁と「天文図」の天井が一般公開される。1日700人限定で、事前申し込みが必要。20日まで。 『キトラ古墳壁画の公開(第5回)』 キトラ古墳壁画の公開…

下寺尾官衙遺跡群 現地説明会(8/11)

茅ヶ崎市の国指定史跡下寺尾官衙遺跡群の遺跡調査の現地説明会を8月11日に開催する。電話で事前申し込みが必要。 平成29年度国指定史跡下寺尾官衙遺跡群確認調査現地見学会の開催のお知らせ|茅ヶ崎市 にほんブログ村

黒浜貝塚 蓮田市黒浜

黒浜貝塚は蓮田市役所の南側に位置する。平成31年度を最終年度として整備中。縄文時代前期中葉「黒浜式土器」の模式遺跡・貝塚。東西約50m、南北約40mの凹地状の広場を取り囲むように住居跡37軒、土坑40数基が確認され、集落規模は東西150m、南北95mほどの範…

第47回和水町古墳祭(8/5,6)

「銀象嵌銘大刀」を出土した江田船山古墳の文化財指定をきっかけに始まった熊本県和水町玉名郡の和水町古墳祭。2日目に、古代衣装を身にまとった総勢800人が松明を片手に練り歩く「松明行列」が催されたあと、花火大会が行われる。 第47回和水町古墳祭を開催…

阿津賀志山防塁発掘調査 現地説明会(7/29)

福島県国見町教育委員会は、源義経をかくまった奥州藤原氏を源頼朝が滅ぼした1189年の奥州合戦で、藤原方が築いた阿津賀志山防塁について、史跡整備に向けた調査を行なっている。7月29日に現地説明会を開催する。 阿津賀志山防塁第21次発掘調査現地説明会に…

鷲ノ木遺跡 見学会(7/22)

函館から約50kmの道央自動車道のトンネルの上に保存されている鷲ノ木遺跡のストーンサークル(環状列石)の見学会が、7月22日、9月2日、9月18日、10月7日に行われる。定員35名まで。事前予約が必要。 鷲ノ木遺跡見学会のお知らせ | 北海道森町 にほんブログ村

キトラ古墳壁画 一般公開(7/15-8/13)

奈良県明日香村の保存展示施設・四神の館に収蔵されているキトラ古墳壁画の「朱雀」が7月15日から8月13日まで一般公開される。事前申し込みが必要だが、当日空きがあれば見学できる。朱雀は古墳石室の南壁に描かれていた。保存のため他の壁画とともにはぎ取…

水子貝塚 富士見市水子

縄文時代前期(約5500~6500年前)を代表する貝塚。縄文ふれあい広場 水子貝塚公園として整備されている。 水子貝塚資料館 縄文式土器の変遷 水子貝塚展示館 水子貝塚公園の施設概要|施設情報|富士見市 にほんブログ村

影向寺遺跡現地見学会 川崎市宮前区野川

2015年に川崎市初の国史跡に指定された橘樹官衙遺跡群の全容解明に向けて川崎市教育委員会が実施した影向寺遺跡の発掘調査の現地見学会に参加した。橘樹郡衙遺跡群は橘樹官衙跡及び影向寺遺跡から構成されている。今回、影向寺境内南西側を調査した。横一列…

亀甲山古墳 大田区田園調布

亀甲山(かめのこやま)古墳は多摩川流域最大の前方後円墳。4世紀後半の築造と推定。全長は107m、後円部の直径は66m。国指定の史跡。[Google マップ] 調布浄水場跡地の沈殿池跡からの後円部の眺め 詳細情報 : 東京都文化財情報データベース

中里貝塚 北区上中里

中里貝塚は 縄文時代中期のハマ貝塚。幅100m、長さ500mから1km。貝層は厚いところで4.5m。貝の種類がカキとハマグリにほぼ限定、魚骨や獣骨が混ざらないこと、土器や石器といった道具がほとんど出土しないことが特徴。周囲に住居はなく一般的な貝塚とは異な…