週末は古墳巡り

古墳とは、およそ3世紀から7世紀に築かれた墳丘状の墓のこと。その数、およそ15万基。

影向寺遺跡現地見学会 川崎市宮前区野川

2015年に川崎市初の国史跡に指定された橘樹官衙遺跡群の全容解明に向けて川崎市教育委員会が実施した影向寺遺跡の発掘調査の現地見学会に参加した。橘樹郡衙遺跡群は橘樹官衙跡及び影向寺遺跡から構成されている。今回、影向寺境内南西側を調査した。横一列…

発掘された日本列島 2017 江戸東京博物館

江戸東京博物館で開催されている「発掘された日本列島 2017」を見て来た。 お目当ては、こちら。「関東考古学フェア」「2017スタンプラリー」 1個目のスタンプをゲット。 常設の展示から昭和の三種の神器。松下の冷蔵庫、東芝のテレビと洗濯機。 手妻(てづま…

地蔵山古墳 厚木市船子

1977年に国道246号線バイパスの工事の際に発見された。国道の片側車線をトンネル(地蔵山洞門)にして保存した。前方後円墳。全長72m、後円部径36m、高さ7m、前方部幅24m、高さ4m。墳丘の形状から4世紀後半から5世紀中葉の築造。小田急線の愛甲石田駅から1.4km…

愛甲大塚古墳 厚木市愛甲東

愛甲大塚古墳は石田車塚古墳とも呼ばれる。愛甲は厚木市の地名で、石田は伊勢原市の地名。この古墳は厚木市と伊勢原市の市境にある。現状径30m、高さ約5m程度で円墳と思われていたが、調査の結果全長70~80メートルの前方後円墳であることが分った。4世紀終…

桜土手古墳郡 秦野市堀山下

秦野市の中央部を流れる水無川の中流域に位置し、35基の円墳が確認されている。全て円墳で7世紀後半の築造。桜土手古墳公園に6基が保存されている。また、1基の復元古墳がある。展示館に多くの出土品、模型、写真が展示されている。隣接する日産車体の敷地に…

菩提馬場古墳群 秦野市菩提

葛葉川右岸。4基ほどの円墳からなる古墳群。 3号墳。円墳。長径8.5m、短径5m、高さ1m。菩提横手遺跡の南側の梅畑の南端にある。 1号墳。長径6m、短径5m、高さ1m。 にほんブログ村

菩提横手遺跡 秦野市菩提

菩提横手(ぼだいよこて)遺跡の見学会に参加した。小田急線渋沢駅から神奈川中央交通バス「秦51」で菩提で下車、徒歩6分。新東名高速道路建設事業に伴う発掘調査。古墳時代後期の円墳が3基発見された。1号墳は径16.4m、周溝の幅2.5m、2号墳は径8.8m、周溝の…

明戸古墳 市川市国府台

江戸川左岸台地上の里見公園内にある前方後円墳。全長40m、後円部径21m、高さ5m。 前方部から後方部。 後方部から前方部。 夜泣き石。 亡霊の碑。 台地から江戸川の眺め。 バラ園。 市川市|文化財(市指定)−明戸古墳石棺 にほんブログ村

法皇塚古墳 市川市国府台

江戸川左岸台地上の東京医科歯科大学構内にある前方後円墳。全長54.5m、後円部径27m、高さ5.7m。 市川市|法皇塚古墳 にほんブログ村

白山神社古墳 文京区白山

白山神社境内にある円墳の可能性のある塚。普段は施錠されている。今年の紫陽花祭りは6月10日から6月18日まで。 墳頂の祠。 にほんブログ村

真間山古墳 市川市真間

弘法寺の境内にある円墳の可能性のある塚。径20m、高さ2.5m。 にほんブログ村

弘法寺古墳 市川市真間

江戸川左岸の台地上、弘法寺(ぐほうじ)の境内にある前方後円墳。全長43m。6世紀後半から7世紀前半の築造。台地の崩壊で現在は半壊状態になっている。 前方部から後方部。 後方部。 前方部の崖側。 礒石の石棺。 山門から参道の眺め。 にほんブログ村

国府台遺跡現地説明会 市川市国府台

国府台(こうのだい)遺跡第192地点の現地説明会に参加した。京成線国府台駅から北に徒歩10分。今回の発掘では、両側に側溝をもち、路面幅が9mほどの古代の道路跡が、南北長さ45mにわたって発見された。東の側溝は深さ0.7m、西の側溝は一番深いところで1.8mあ…

土屋塚古墳 狛江市岩戸南

造出付円墳。径35m、高さ5m。5世紀第三四半期頃の築造。2004年に周溝の発掘調査が行われた。小田急線喜多見駅から南西に徒歩9分。市指定の史跡。 2015年に西側半分を所有者から市が寄付を受け、西側擁壁の工事を実施して説明板を設置したとのこと。 にほんブ…

前原塚古墳 狛江市猪方

円墳。径21m、高さ2.4m。小田急線和泉多摩川駅から東に徒歩6分。 にほんブログ村

亀塚古墳 狛江市元和泉

狛江古墳群で唯一の前方後円墳(帆立貝形古墳)。全長40m。5世紀末から6世紀初頭の築造。徳富蘇峰が揮毫した石碑が立つ。周りは宅地に囲まれ、原型を留めていない。兜塚古墳から南東に徒歩9分。 亀塚古墳 - 狛江市役所 にほんブログ村

伊豆美神社 狛江市中和泉

兜塚古墳から西に徒歩2分の伊豆美(いずみ)神社の由来。889年(寛平元年)北谷村字大塚山に大國魂神社(府中市)を分祀して六所宮とした。1550(天文19)年、多摩川の洪水により社地が流されたため、二年後の1552(天文21)年に現在地へ遷座された。1868(明治元)年に…

兜塚古墳 狛江市中和泉

円墳。径43m、高さ4m。6世紀前半に築造。狛江古墳群のなかで墳丘が良好な状態で遺存している貴重な古墳。経塚古墳から西に徒歩7分。都指定の史跡。 詳細情報 : 東京都文化財情報データベース にほんブログ村

経塚古墳 狛江市中和泉

円墳。径40〜42m、高さ5m。元は龍泉寺の境内にあった。今は道路で分断されている。5世紀後半の築造。松原東稲荷古墳から南に徒歩4分。 にほんブログ村

松原東稲荷古墳 狛江市中和泉

円墳。径33m、高さ4m。葺石と礫槨が検出。6世紀前半の築造。東塚古墳から西に徒歩3分。 南から。 南西から。 南東から。 にほんブログ村

東塚古墳 狛江市中和泉

円墳。径35m、高さ5m。5世紀後半の築造。駄倉塚古墳から北西に徒歩3分。 にほんブログ村

駄倉塚古墳 狛江市中和泉

円墳。径40m、高さ4m。狛江古墳群で最古の円筒埴輪片が出土している。5世紀中頃の築造。小田急線狛江駅から北に徒歩5分。 南東から。 東から。 北から。 北西から。 墳頂に祠。 にほんブログ村

考古学所蔵品展 日本大学文理学部資料館

古墳巡りの前に立ち寄った。無料でパンフレットも頂いて解説もして頂いた。展示されているのは日本大学が1940年代から1960年代に発掘した縄文、弥生、古墳時代遺跡からの出土品と当時の写真や発掘ノートなど。また、大学に寄贈された所蔵品も展示されていた…

古墳と被葬者の謎にせまる 大塚初重

日本考古学協会会長も務めた日本考古学界の第一人者の大塚初重さん(90歳)の明治大学の社会人講座の講義録(2012年発行)。宮内庁管理の箸墓古墳(倭迹迹日百襲姫陵)、佐紀陵山古墳(日葉酢媛陵)、天武・持統天皇合葬陵(檜隈大内陵)、治定されていない天皇陵とし…

未盗掘古墳と天皇陵古墳 松木武彦

岡山県倉敷市の勝負砂(しょうぶざこ)古墳の未盗掘の石室を2007年に発掘した岡山大学の松木武彦教授が2013年に上梓した未盗掘古墳と天皇陵古墳に関する本。近年、未盗掘古墳は発掘せず将来に託すという考えが共有されつつあるという。本書はそのような空気に…

前方後円墳集成 編集 近藤義郎

「考古学入門講座 神奈川の古墳 その出現と展開」(1998, 神奈川県考古学会)に「『前方後円墳集成』編年」とあった。調べたら、1991年から2000年に出版された全6冊の本で、結構な値段だった。図書館の蔵書にあったので、探しに行った。分類番号を調べて棚を探…

平間銚子塚古墳 川崎市中原区田尻町

多摩川右岸の低地微高地の古墳。JR南武線の平間駅の改札を出て踏切渡ってすぐにある。前方後円墳と推定されている。 政党ポスターと古墳。 かつては街道を曲げるほどのパワーがあった。 平間の踏切。 にほんブログ村

一夜塚古墳 朝霞市岡

朝霞市立朝霞第二小学校の建設のために削平された古墳。円墳。径50m。 石碑が立つ。 (正面) 一夜塚古墳趾 埼玉縣史編纂嘱託 稲村坦元書 (裏面) 北足立郡朝霞町岡に一夜塚といへる一大圓墳あり高さ七米直徑五十米昭和十八年四月第二小學校敷地擴張の為父兄三…

柊塚古墳 (再訪) 朝霞市岡

古墳巡りを始めた時に訪れた柊塚古墳を再訪。 前方部。 墳丘に石段がある。 立ち入れない。 古墳のある台地からの眺め。 道路から。 kofunmeguri.hatenablog.com にほんブログ村

峡山古墳 朝霞市浜崎

新河岸川と黒目川に挟まれた台地の突端にある峡山(はけやま)古墳。黒目川を挟んで柊塚古墳と対峙する。前方後円墳。「峡(はけ)」は「崖(がけ)」の意味。朝霞市立第三小学校らか北に300m。 南側は畑が広がる。 児童公園 柊塚古墳の方向の眺め。 南側の台地の…

塚の山古墳 志木市幸町

志木市で唯一現存する古墳。円墳。径6〜7m。高さ3m。7世紀後半の築造。東武東上線の柳瀬川駅から南東に徒歩6分。 にほんブログ村

日向古墳 さいたま市桜区中島

土合古墳群の本杢古墳から東に徒歩6分のところにある日向(ひなた)古墳。円墳。径15m。高さ2m。 にほんブログ村

飛鳥山古墳群(再訪) 北区王子

飛鳥山公園に来たので飛鳥山1号墳を再訪。 木陰は涼しい。 旧渋沢庭園の築山は未調査だが古墳の可能性があるとのこと。 にほんブログ村

中里峽上遺跡 北区中里

飛鳥山博物館主催の北区遺跡学講座に参加した。中里峽上(なかざとはけうえ)遺跡は、豊島郡衙である御殿前遺跡の東に隣接する縄文・弥生・古墳時代・奈良時代・平安時代・江戸時代にかけての複合遺跡。「峽(はけ)」は「崖(がけ)」の意味。博物館内で座学のあ…

稲荷塚古墳 川崎市高津区下作延

下作延(しもつくりのべ)の緑ヶ丘霊園内にある古墳。円墳。径23.5m。高さ2.9m。出土した馬形埴輪が川崎市市民ミュージアムに展示されている。この埴輪は埼玉県鴻巣市の生出塚(おいねづか)埴輪窯で作られたもの。出土した埴輪から6世紀後半の築造。墳丘には稲…

上作延南原古墳 川崎市高津区上作延

径16.3m、高さ2.5mの円墳。築造時期は特定できない。発掘調査が行われていない。宮崎大塚古墳から北西に徒歩17分。 台地の北端の下を多摩川の支流の平瀬川が流れている。対岸は津田山。 参考文献 持田春吉・村田文夫 1993「久地伊屋之免古墳と虚空蔵山古墳」…

馬絹古墳 川崎市宮前区馬絹

径33mの横穴式石室を持つ円墳。7世紀の築造。石室は埋め戻されているため見学はできない。川崎市市民ミュージアムに石室を3分の2に縮小した模型がある。宮崎大塚古墳から南南東に徒歩12分。 川崎市教育委員会:馬絹古墳 (1) 川崎市教育委員会:馬絹古墳 (2) …

宮崎大塚古墳 川崎市宮前区宮崎

墳丘の実測図から方墳の可能性が考えられているが、周溝が確認されていないので断定できない。南北27m、東西25m。高さ4m。墳頂に馬絹大塚供養塔が建てられている。東急田園都市線の梶ヶ谷駅から南西に徒歩12分。 参考文献 野中和夫 1993 「宮崎大塚古墳測量…

二子塚古墳 川崎市高津区二子

二子の地名の由来になった古墳。すでに湮滅している。二子塚公園に1915年(大正4年)建立の「二子塚舊磧」と1968年(昭和43年)建立の「史蹟二子塚之碑」がある。はっきりしないが60m以上の前方後円墳だったらしい。1915年には削平されていた可能性がある。「舊」…

諏訪浅間塚古墳 川崎市高津区諏訪

多摩川右岸の沖積地にあり、墳頂に富士浅間社が祀られている。円墳。径19.5m。高さ3.8m。 お隣は小黒恵子童謡記念館。 川崎市:小黒恵子童謡記念館リニューアルオープン 小黒恵子童謡記念館 | 童謡文化体験の場、地域の憩い・交流の場

諏訪天神塚古墳 川崎市高津区諏訪

多摩川右岸の沖積地にあり、墳頂に石像がある。円墳。径18m。高さ1.7m。 参考文献 川崎市市民ミュージアム 2011「諏訪天神塚古墳 多摩川低地の遺跡群研究」『川崎市市民ミュージアム考古学叢書』7

宗隆寺古墳群 川崎市高津区溝口

宗隆寺(そうりゅうじ)の境内に接した山の尾根筋に3基の古墳がある。円墳。東側の1号墳は径9.5m、高さ1.3m。真ん中の2号墳は東西径15.5m、南北径20m、高さ2.2m。西側の3号墳は径19.5m、高さ2.1m。墳頂に石碑が建てられている。古墳への道が見つからない。 宗…

久本横穴墓群 川崎市高津区久本

JR南武線の武蔵溝ノ口駅そばの久本神社の裏の崖にある久本横穴墓群。急傾斜地崩壊対策事業の工事で見つかり保存されている。口明塚から北東に徒歩18分。アップダウンが激しい。 久本神社。 久本薬医門公園。 にほんブログ村 参考文献 後藤喜八郎 1995「川崎…

口明塚 川崎市高津区末長

東急田園都市線の梶ヶ谷駅の近くの川崎市上下水道局中部サービスセンターの敷地内にある口明塚(くちあけつか)。古墳(円墳)の周溝が見つかっているらしい。口明塚ということは横穴式石室が口を開けていたのか。西福寺古墳から北に徒歩8分。 にほんブログ村

西福寺古墳 川崎市高津区梶ヶ谷

標高約46mの台地上の縁辺部にある西福寺(さいふくじ)古墳。梶ヶ谷第三公園にある。円墳。径35m。高さ5.5m。5世紀後半から6世紀初頭の築造。埋葬施設が未調査。川崎市域では最も古い埴輪が樹立する古墳。埴輪を製作した窯跡は宮前区の白井坂窯跡。西福寺古墳…

野川1号墳 川崎市宮前区野川

第三京浜道路のそばの矢上川を見下ろす丘陵の突端にある野川1号墳。円墳。径15m。高さ2.4m。子母口富士見台古墳から北西に徒歩25分。 この先に矢上川が流れている。

子母口貝塚 川崎市高津区子母口

子母口(しぼぐち)貝塚は約7,000年前の縄文時代早期後半の貝塚で、多摩丘陵では最も古い。標高は約25m。子母口富士見台古墳から南東に徒歩5分。 川崎市教育委員会:子母口貝塚 川崎市教育委員会:子母口貝塚 にほんブログ村

子母口富士見台古墳 川崎市高津区子母口

富士見台古墳は、蟹ヶ谷古墳群から北東に徒歩18分、矢上川の対岸の子母口(しぼぐち)の高台にある。円墳。径17.5m。高さ3.7m。 古墳の南にある橘樹(たちばな)神社は、日本武尊(やまとたけるのみこと)と弟橘媛(おとたちばなひめ)を祀り、社伝によると、日本武…

蟹ヶ谷古墳群 川崎市高津区蟹ヶ谷

鶴見川の支流の矢上川見下ろす丘陵の神庭特別緑地保全地区(神庭緑地)にある古墳時代後期、6世紀から7世紀ごろの古墳群。3基の円墳とされていたが、2012年の調査で1基(1号墳)は前方後円墳と確認された。川崎市で唯一の現存する前方後円墳。調査は2012年から20…

猿楽塚 渋谷区猿楽町

猿楽塚(さるがくづか)は北塚と南塚の2基の円墳。2つの古墳の間に区界があり、主墳の北塚が渋谷区猿楽町に、副墳の南塚が目黒区青葉台1丁目にある。北塚は墳頂に猿楽神社が祀られている。径20m。高さ5m。6世紀から7世紀の築造。東急東横線の代官山駅から西に…